ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、データを保存するための新しい方法です。ブロックチェーンでは、情報やその管理を一箇所(データベース)に集中させるのではなく、ネットワーク上に保存し、一箇所に記録を変更する権限を持たせないようにします。これを非中央集権と言います。

ブロックチェーンは、データをブロック単位で記録し、そのブロックを暗号で連結して安全に保管するもので、ブロックチェーンと呼ばれています。 

ビットコインを開発した個人またはグループの名前であるサトシ・ナカモトは、2008年のホワイトペーパー(設計図)の中で、ブロックチェーンのアイデアを構想しました。非中央集権的な取引台帳を作成できるということは、ピアツーピアの新しいデジタルキャッシュであるビットコインを実現し、二重支払い問題を解決するための基盤となるものでした。 つまり、二重に使うことができず、金融機関を通さず、分散型ネットワークを介して人から人へと流れるだけの純粋なデジタルマネーをいかにして作るかということです。 

ブロックチェーンは、サトシ・ナカモトの考えの中心的な要素であり、コンセンサス・メカニズムと呼ばれる、新しいブロックに有効な取引データのみを確実に追加する方法と組み合わされていました。

さらに詳しいことについてはコチラにアクセス!→learncrypto.com

その他のヘルプ

ライブチャット

24時間年無休カスタマーサポート

メールでお問い合わせ

メールで問い合わせをする