戻る  野球  ニュース
大谷翔平のスキルは、野球の未来をどう変えたか
Dec 14, 2021, 4:04:00 AM

大谷翔平のスキルは、野球の未来をどう変えたか

大谷翔平は、その二刀流を駆使して野球界のスーパースターであることを証明している。彼は、独自の役割を切り開いた素晴らしい選手だ。ここでは、彼のプレースタイルが野球界に与える影響について、総合的に語ってみよう。

野球選手といえば、フィールド上の役割に縛られるのが一般的だ。ショートの選手であれば、キャリアの大半をその役割の中で過ごすことになる。大谷は、野球選手は自由に動き回り、好きなプレーをすることができるのだから、それが普通であってはならないことを証明した。構造と自由のバランスが必要で、翔平はそれを示しているのだ。彼はエリートレベルでプレーしており、今後も長くそうしていくだろう。彼は、投手と打者のハイブリッドとして、自分の好きなようにプレーすることで、この高いレベルに到達したのだ。

以前は、このようなプレースタイルは、自分を追い込みすぎるという理由で敬遠されていた。大谷は、チームさえきちんと作れば、バランスは取れることを証明してくれた。

未来の野球の試合にベット

野球選手は特定の役割に制限されるべきではない

好きなときに一つの役割を果たすのは悪くないが、一つの役割だけに留まるのは、その選手の才能に対してフェアではない。選手は、トレーニングセッションや、いくつかの試合で、潜在能力を引き出すチャンスを得るべきだ。そうすれば、ある役割を果たすことが難しいことを知るでしょうが、それを試したからこそ、その決断に納得できるのだ。

自分の好きな役割を演じるのが好きな選手もいますが、それが唯一の選択肢であってはならない。自分に合った役割を見つけることができても、他のポジションをやることにこだわれば、役割を変えるチャンスは得らない。

これは、野球選手の青春時代の早い段階からできることだ。いろいろな役割を果たすことを奨励すれば、より洗練された選手になることが期待できる。また、窮地に追い込まれたときにどうすればいいのかがわかるので、厳しい状況に適応しやすくもなる。

多方面で活躍できる選手になることは、スターになるための重要な要素なのだ。どんなプロ野球選手にもスターになるチャンスがあり、より多くのチャンスを与えられることがスターへの近道だ。翔平を手本に、どんな役割でも自由にこなせるようになれば、より多くの選手が輝けるようになると期待できる。

そのためには、監督と選手の双方がしっかりとコミュニケーションをとることが必要だ。そのバランスを取るのが難しいが、大谷のように実現する可能性はある。次のスターを探す過程で失敗もあるだろうが、それはスポーツの世界ではよくあることだ。有望な選手がひょっこり現れて、パッとしない選手になってしまうこともあるが、スターになることもある。

野球選手には選択の自由があるのだから、この方法でスターが生まれる可能性は高い。多面的なスターを育てるというのは、ここでのベストシナリオであり、将来、大谷のような選手を多く輩出することになる。将来、大谷を超える選手が出たとしても、その影響力は長く続くだろう。

Check out the outright baseball odds

野球にイノベーションを起こすのは良いことだ

スポーツは日進月歩の業界であり、アスリートが停滞したままでは、ピーク時のパフォーマンスを発揮するのに苦労することになる。2021年は、ロサンゼルス・エンゼルスで自由にパフォーマンスを発揮することができたので、大谷にとって大きな1年となった。マイク・トラウトがシーズンの大半を欠場したとき、大谷はそのチャンスを生かした。

投手と打者の両方をこなすという、従来では異例ともいえる活躍で、野球のあり方を革新した。球団が彼のような選手を獲得するのは、ロスター枠を埋められる万能選手がどうしても必要な時だけであった。エンゼルスが大谷に活躍の場を与えたとき、大谷はホームランを打つだけでなく、100マイルの球を投げていたのだから、彼らの信頼が正しかったことが証明された。

2021年は大谷にとって復活の年であり、特に強い年であった。2020年の成績には不満があったようだ。大谷は「(当時は)メカニクスが狂っていた。単純にヒットを打つのが精一杯という感じでした。打てたときは嬉しかったけど、打てたときでも、すべてがカチッと決まることは何度かあった。ホームランが偶然の産物だと感じることはほとんどないが、そういう感じだった。何かがおかしいと思ったんです」と語っている。

スポーツの世界では、信頼がものを言う。監督が選手を信じて違う役割を担わせたら、選手の活躍が期待できる。野球でいえば、監督はマウンドに送られた選手を信じて、活躍しても失敗しても、応援する必要があるのだ。

大谷がイノベーションを起こした一方で、若い選手たちは大谷を真似ようとすることが予想される。人気があるからこそ、悪い選手も出てくる。しかし、そのスタイルが自分に合っていることに気づく、才能ある選手も今後出てくるはずだ。

二刀流で脅威となるプレーは古典的なスキルだが、近代では効率の問題から奨励されてこなかった。チームを維持するために分析に頼るのは良い戦術だが、才能あるプレーヤーを無視するのは問題だ。

野球の試合でプレー中ベットを行う

球界が今まで評価していなかった「万能感」

野球界には素晴らしいアスリートが常に存在するが、多才な選手は数少ない。コーチは決まった役割を果たすスター選手を好むが、チームの接着剤となる不器用な選手も常に存在する。そして、本当にユニークなスター選手は、チームの要となる選手でありながら、チームのために必要なことをすべてやってくれることも期待できるのだ。

大谷はその典型的な例で、スターダムにのし上がる前、二刀流選手はトップクラスの脅威とは見なされていなかった。ベーブ・ルースやリック・アンキールのような選手は、昔は確かな選択肢だったが、アナリティクスの台頭により、多才なことを好む選手たちは苦境に立たされることになったのだ。

アナリティクスはほとんどすべてのスポーツに有益だが、それをチームの主要なツールとして使うことと、バランスの取れたアプローチが必要だ。選手は、コーチがシステムを調整するように説得し、両者の長所を得られるようにする必要がある。

アンキール自身、野球のスター選手が複数のポジションをこなす傾向にあることを話していたが、彼の評価は正しかったようだ。彼は「大リーグでは、(試合に)勝つことが最も重要なことだ。そして(二刀流)このような選手は攻守両方で相手を上回る手助けとなる。ではなぜ、そうさせないのか?(攻守)どちらかが、もう一方の妨げになるのではないかと、いつも恐れているのです」。

野球リーグにベット

大谷は野球が新しい方向に向かっていることを証明した

多才さが叫ばれる中、大谷は新しい野球のスタイルが到来していることを選手が実感している最たる例と言えるだろう。MLBはこれを受け入れる必要がある。なぜなら、どのチームも大谷のような選手を持つチャンスを得ることができるからだ。

日本人選手は長い間MLBに存在してきたが、大谷はまた違うブランドのスポーツをリーグにもたらした。慣れ親しんだプレースタイルだが、彼は日本野球と北米野球のポジティブな部分をすべて融合させた。

大谷が若い世代に影響を与えるのを止めるのは難しいだろう。つまり、多くのエリート二刀流選手が誕生することになる。まだ若い選手たちだが、将来的にはその影響力が実を結ぶことになるだろう。序盤は苦戦を強いられるだろうが、大谷がこれまでやってきたように、型破りなプレーを続けていくだろう。

NBAの未来へのシフトと同じように、MLBも同じ軌道にある。ポジションのないリーグにはならないだろうが、選手がさらに活躍できるような、確かな変化がもたらされるはずだ。大谷がエンゼルスでスターダムにのし上がったように、スター選手が現れるだろう。

野球ニュースを確認

野球は時代とともに進化する

年月が経てば経つほど、野球はより良いスポーツになる。なぜなら、選手は進化し続けるからだ。大谷、トラウト、ムーキー・ベッツのような現代のスター選手と同じ型で作られた若い選手が増えることが予想されるのだ。それは野球の成長にとって良いことだ。なぜなら、彼らは時間とともに向上していくからだ。

どのスポーツも時間とともに進化し、野球も長い歴史がある。選手たちは新しいトレーニング方法を身につけ、その選手たちから大きな成果を期待することができる。まだ大谷を評価しないファンもいるが、いつかはそれが普通になっていくのだから、そういう選手に慣れる必要がある。

従来のファンは、スポーツは進化するものであり、野球も同じであることを知るべきである。役割分担はあくまで推奨であって、新人野球選手に強制してはいけない。野球の進化は、ファンにとっても大きな出来事であるべきだ。なぜなら、ファンもまた、自分が見ているスポーツとともに成長するからだ。大谷が、ファンの気持ちを良い方向に変えてくれることを願っている。

野球やその他スポーツの最新情報はSportsbet.io


文: Cholo Martin

画像: PA