戻る  野球  ニュース
長年にわたるMLBの大きな変化
Dec 13, 2021, 4:16:00 AM

長年にわたるMLBの大きな変化

野球は、世界のメジャースポーツの中でも最も複雑なルールと仕組みを持っています。MLBの発足は、このスポーツ自体に革命をもたらしました。それ以来、MLBはルールや仕組みを変え、このスポーツが進化する道を開いたのです。

1969年、ニューヨーク・メッツがワールドシリーズを制覇しました。メッツのチームは今でもクイーンズでプレーしていますが、それ以来、非常に多くの変化があり、新しいプレーヤーはまったく別の種類のスポーツを体験することができました。

ほとんどの場合、その変化はテクノロジーの進化によるもので、それぞれのメカニズムがより洗練され、プレーヤーとファンの両方にとってより魅力的なゲームになっています。

そもそもベースボールは、道具の入手のしやすさや競技場の広さなどから、誰もが気軽に楽しめるスポーツでした。ここでは、世界最高峰の野球リーグであるMLBの歴史の中で変化してきた出来事や仕組みをご紹介します。

プレー中の野球の試合にベット

指名打者

1973年以前には、指名打者というものは存在せず、打者は攻撃の起点となることだけが試合の目的だった。リーグの攻撃力が上がったことで、「ピッチャーズ・リーグ」と呼ばれるようになった。これは、打者がピッチャーの代わりに、できるだけ多くの得点を稼ぐための主な攻撃手段となったからだ。

投手が守備を担当していても、かつては打者が活躍していました。しかし、ポジションが合理化されたことで、誰でもゲームをより面白くすることができるようになりました。それぞれの役割は、当初の機能から外れた目的のために設計されています。例えば、指名打者は、守備が苦手な投手の代わりに打席に立つことで、より攻撃的な意識を持つことができます。

テクノロジー

先に述べたように、野球の変化にはテクノロジーが大きく関わっています。まず、投球のスピードや距離、ワイドヒットの落下地点からキャッチャーまでの距離など、統計データを記録することが容易になりました。

ピッチャーの投球の距離やスピードを測定するためのレーダーガンのような機器がたくさんあります。また、選手やフィールドの様子を録画して見やすくするジャンボトロンや、審判が試合をより正確に判断するためのリプレイなどもあります。

このように、スポーツにテクノロジーが活用されていることには驚かされます。MLBは、ゲームをより楽しく、より公平に見るための正確で高度な技術を持つ、最も重要なリーグの一つです。

アウトライト野球の試合のオッズを確認

ワイルドカード

1969年、アメリカン・リーグとナショナル・リーグはディビジョンと呼ばれる2つの部分に分けられ、それぞれのディビジョンの勝者がプレーオフで対戦することになりました。1995年になると、プレーオフのシステムが変わり、初のワイルドカード枠が設けられました。各ディビジョンの上位に入れなかったチームは、より高いレベルで戦う機会を得るために、プレーオフへの出場を目指して戦います。

現在のMLBでは、2つのワイルドカードチームがプレーオフで対戦し、どちらがディビジョンシリーズに進出するかを決定しています。

未来の野球の試合のオッズを確認

インターリーグ・プレイ

1997年以前のMLBでは、リーグの覇権を記念して強豪選手が対決するのは、スプリングトレーニング、オールスターゲーム、ワールドシリーズの3つだけでした。

それ以外の期間は、各チームとも厳しいスケジュールの中で、次の順位のチームとの戦いを余儀なくされています。しかし、1994年のストライキを機に、野球人気の向上が期待されるようになりました。そこでリーグは、アメリカン・リーグとナショナル・リーグの2つのリーグが、どちらが優れているかを競う「インターリーグ・プレイ」を導入したのです。 

ピッチクロック 

2019年シーズンのスプリングトレーニングで、リーグは、一部の試合が長くなってしまうことをファンが嘆いている試合をスピードアップする、独自のピッチクロックを導入しました。

この機能は、チームの交代時やイニングの合間にファンが気まずい思いをする野球の退屈な瞬間を補うために、イニングの分数やマウンドの訪問時間を短縮するものです。 

様々な野球リーグを確認

ワールド・ベースボール・クラシックと国際試合

1996年、メジャーリーグはメキシコのモンテレイで、アメリカや北米以外で初めてレギュラーシーズンの試合を開催しました。それ以来、オーストラリアや日本など多くの国で試合が行われています。

このように、野球は多くの人々に感動を与え、多くの世代のファンを魅了し続けています。

ストリーミングサービスとMLBメディア

あらゆるものが合理化されている現在、野球も例外ではありません。様々な国のスポーツネットワークが、人々が視聴できる場所で様々なスポーツについて語っています。このようなメディアのスポークスマンの存在が、メディアシーンを面白くしています。ストリーミングサービスを利用すれば、自分の好きなチームの最新の報道を、好きなメディアが取り上げているのを簡単に見ることができます。

さらに、これらのプラットフォームが一般の人々にとってどれだけ身近なものであるかによって、野球の知識は、スポーツやメジャーリーグについてもっと知りたいと思っている人たちに、より広く浸透していきます。これは、野球の認知度向上とマーケティングにつながり、野球が世界的になった大きな理由のひとつです。

野球やその他スポーツの最新情報はSportsbet.io


文: Vonn Consul 

画像: PA