戻る  バスケットボール  ニュース
チャールズ・ジェンキンス、ギリシャに残ってプレーできないことを嘆く
Apr 13, 2021, 6:00:00 AM

チャールズ・ジェンキンス、ギリシャに残ってプレーできないことを嘆く

チャールズ・ジェンキンスは、ヨーロッパで最も知名度の高いアメリカ人スターの一人です。彼はオリンピアコスでの活動を終えたばかりですが、これ以上チームの力になれないと嘆いています。彼は現在、レノボ・テネリフェのメンバーとして移籍すべくスペインに向かっています。

同選手はこれまで、その長い歴史と情熱的なファンベースで知られるオリンピアコスの一員でした。たとえアリーナに来場するファンは限られていたとしても、ファンが直接、あるいはオンラインで応援してくれることで、選手はチームにいることが好きになります。これはジェンキンスも例外ではありませんでしたが、残念ながら同選手は今季を最後に別チームへと移籍してしまうようだ。

今季はCOVID-19による様々な規制が敷かれたことで、選手たち全員にとっては荒れたシーズンとなりました。試合会場にファンがいないということは、ファンが応援する際に費やすエネルギーを、選手が良いパフォーマンスをするための糧にできないということになってしまいます。 

ジェンキンスはオリンピアコスでの試合中にそれを感じました。彼は、「そこから、ファンのいないギリシャ・ダービーを戦うこと、そして例年になればアンチ・オリンピアコスの人々で埋め尽くされる敵地試合会場で受けた感覚はこれまでとは全く異なるものだった」としています。

未来のバスケットボール試合にベット

ジェンキンスは、自身の放出理由は今季、オリンピアコスがあまりにも多くの黒星を被ってしまったからだと考えています。同チームはシーズン中、ザルギリスに2敗したことでプレーオフ進出を目指していた彼らの記録に水を差してしまったのです。

ジェンキンスは「僕たちは多くの試合で調子がいまひとつ揮わず、多くの試合を接戦で落としてしまったんだ。もちろん、結果を変えるためにできたことは全員に少しずつあっただろう。しかし、最終的にバスケットボールという点では、あらゆる困難にもかかわらず、会場にファンがいないにもかかわらず、そして全く新しいチームに適応しながらも、試合に勝つことができるようになっていったんだ」と述べています。

ジェンキンスはチームを追われたにもかかわらず、彼はチームで過ごした時間に満足しています。彼はオルグのためにプレーすることが好きで、Giorgos Bartzokas氏を自身のキャリアの中で最高のコーチの一人と考えています。彼のオリンピアコスでの時間は終わったとはいえ、移籍先のスペインでもテネリフェで活躍を見せてくれるでしょう。

バスケットボールやその他スポーツの最新情報はSportsbet.io 


文: Cholo Martin

画像: PA