戻る  バスケットボール  ニュース
ファイナルに集中したいヤニス
Jul 14, 2021, 5:25:00 AM

ファイナルに集中したいヤニス

ミルウォーキー・バックスは、NBAファイナルの第3戦で、0勝3敗になる可能性を回避、快勝しました。第3戦での勝利は、ヤニス・アデトクンボが、必要なときにチームに火をつけるために必要なものを持っていることを証明しました。

第3戦の勝利で、ヤニスはあらゆる場面で活躍しました。彼はこの試合、41得点、13リバウンド、6アシストを記録しています。勝たなければ後がなくなる試合で、ヤニスはなぜ彼がMVPなのか、そしてバックスが最も必要なときに彼を頼ることができるのかを世界に示しました。

シリーズ最初の2試合を落としてしまったバックスですが、チームは反撃し、最高のチャンスをものにしなければなりませんでした。そしてこの試合、ヤニスが勝利に必要なグルーブを見つけたことで、流れはバックスのものとなりました。

「どんなゲームになるかはわかっていました。良いバスケットボールをして、可能な限りハードに戦わなければならないことはわかっていました」とヤニスは言います。

ヤニスは、第4戦でもハードにプレーしなければならないことを知っています。シリーズをタイにするためには、同じエネルギーと気迫を持って臨む必要があります。それが、このスターがもう一度やりたいことなのです。

ライブバスケットボール試合にベット

26歳のヤニスは、2試合連続で40点以上の得点を記録しています。これはマイケル・ジョーダンの4試合連続という記録に近づくもので、膝を痛めていてもプレーしているヤニスには多くの賞賛が与えられています。

ヤニスは「僕はマイケル・ジョーダンではない」としながらも、「今、僕が気にしているのは、(次の試合でも)1勝を獲得することです。」と語りました。

第4戦は、バックスにとってもう一度、意気込みを見せつけるゲームにしなくてはなりません。彼らには、開催地がフェニックスに戻る前に獲得ゲーム数を同点にするチャンスがあります。ヤニスは、ファイナルでプレーするのは大変なことだとわかっていますが、諦めるつもりは毛頭ありません。

ヤニスは、バックスにとって彼こそが待ち望んでいた選手であることを証明しています。ファイナルに進出した時点でも一度証明しましたが、優勝を収めることはまた別の偉業です。

バスケットボールやその他スポーツの最新情報はSportsbet.io


文: Paul Daniel Flores

画像: PA