戻る  バスケットボール  ニュース
ラソはマドリッドとの将来について確信が持っていない
Feb 19, 2021, 6:18:00 AM

ラソはマドリッドとの将来について確信が持っていない

ココパデルレイ決勝で敗れた後、パブロ・ラソとレアル・マドリードの間の将来は岐路に立っていて、同クラブが彼との契約を続けない見込み。彼らは、さまざまなゲームでの一連の失敗を経験した後、コーチがチームに何をもたらすことができるかについて、疑問を抱えている。

ラソは、レアル・マドリードの伝説的なコーチだとして知られている。スペインのチャンピオンとの対戦で多くのタイトルを獲得し、コーチとして務めた間に強力な選手を育てた。ところが、最近の試合に負けたため、ラソが何ができるかについて疑問が浮かび上がった。

リーガACBのリーグリーダーであるにもかかわらず、最近の試合で4位に落ち込んだため、ユーロリーグの試合でも緊張した局面にある。コパ・デル・レイに敗北したことについてひどく残念に思うが、マドリッドが勝利を収め、戦闘から奮い立つ時期が来た。

コパデルレイの決勝でバルセロナに敗れたにもかかわらず、ラソは彼のチームに栄誉を勝ち取った。おそらく、彼らはまだユーロリーグで続いて輝くする機会がある。これは、ラソが今後数年間において、チームが彼と契約を締結することを説得できる唯一の方法である。

バスケットボールゲームに賭ける

コーチはチームを率い、37回のメジャー試合への参加を果たし、27回の決勝戦にも出場した。ラソは、レアル・マドリード史上3番目に成功したコーチと見なされており、ロロ・サインスとペドロ・フェランディスに次ぐ20のタイトルを獲得した。

それでも、ラソはレアル・マドリードとの将来について、まだ不確信だ。

「何かの問題がないと思って、続いて私をコートとして任用したい場合は嬉しい。確かに、これらは両者が一緒に前に進むことだ」「私とクラブの間に何かの問題がなく、万が一問題があれば解決する予定。クラブの挙動を誇りに思い、楽しい」とラソは述べていた。

ラソがユーロリーグの2020-21シーズンで優勝すれば、彼の未来が変わるかもしれない。これは、マドリッドが契約を延長し、彼をコーチとして雇う唯一の要因だろう。つまり、クラブを成功に導くチャンスが多くなる。

ユーロリーグとスポーツの速報については、Sportsbet.ioにアクセスしてください


文:ポール・ダニエル・フローレス

イメージ:PA