戻る  バスケットボール  ニュース
セルヒオ・ロドリゲスがスペイン代表を引退
Aug 30, 2021, 4:13:00 AM

セルヒオ・ロドリゲスがスペイン代表を引退

スペイン代表のセルヒオ・ロドリゲスは、過去20年間の大半をシステムの中でプレーしてきましたが、ついにチームから引退することになりました。彼は、同じベテランのパウとマルク・ガソルとともに、国際的なバスケットボールからの引退を決意しました。

彼は、同じベテランのパウとマルク・ガソルとともに、国際的なバスケットボールからの引退を決意しました。

セルヒなプレイメイキングで知られており、NBA史上最高のパサーであるジェイソン・ウィリアムスと常にリンクしています。セルヒオは長い間NBAでプレーし、主に2000年代後半にポートランド・トレイルブレイザーズの主力ガードとして活躍したことで知られています。

2009-2010シーズンを最後にNBAから離れたものの、2016-2017シーズンにはフィラデルフィア・セブンティシクサーズで1シーズン限定での復帰を果たしました。ただし、世界的にはNBAでの在籍期間よりも、主にユーロリーグで6年間過ごしたマドリードと、2シーズンプレーしたCSKAモスクワでの活躍で知られています。

未来のバスケットボール試合にベット

セルヒオのスペイン代表としての最後の大会は、2021年の東京オリンピックで、リッキー・ルビオのバックアップとしてプレーしました。セルヒオは、1試合9得点を記録する一方で、1試合3アシストを記録しました。

彼は自身のツイッターで声明を発表し、チームを離れることを発表しました。この母国を現在の高みにまで導いたスターポイントガードの引退は、ファンにとっては寂しい限りです。しかし、ガソル兄弟も同時に引退を決めたことで、一つの時代の終わりを実感せざるを得ません。

セルヒオは、スペイン代表チームのファンや、彼のキャリアを支えてくれた人々に向けて、別れの言葉を綴っています。ユーロリーグのオリンピア・ミラノと契約したばかりなので、彼のバスケットボールのキャリアはまだ終わっていません。彼にとってはまた新たな生活となりますが、クラブバスケットボールでのキャリアを大切にする気持ちは変わらないようです。

セルヒオは、2006年のFIBAワールドカップ、2015年のユーロバスケットで金メダルを獲得し、さらに多くのメダルを獲得してスペインでのキャリアを終えました。セルヒオの伝説的なキャリアは、スペインのバスケットボール界に永続的な影響を与えたスターポイントガードとして記憶されることでしょう。

バスケットボールやその他スポーツの最新情報はSportsbet.io


文: Cholo Martin

画像: PA