戻る  バスケットボール  ニュース
スペインの有望選手サンティ・アルダマがNBAドラフトにエントリー
Apr 19, 2021, 6:00:00 AM

スペインの有望選手サンティ・アルダマがNBAドラフトにエントリー

スペイン人選手サンティ・アルダマは、2021年のNBAドラフトに参加する意向を表明しました。彼は平均20ppgを誇る、Loyola Marylandの主力選手の一人です。彼は、2019年のFIBA U18欧州選手権でMVPを獲得したことにさかのぼり、次のスペインのスターとして期待されている選手です。

Loyola Marylandは、Patriot Leagueにしか所属していない、ミッドメジャーのプログラムです。ミッドメジャーの選手は、一般的にはスターレベルの才能があるとは思われていません。しかし、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードやC・J・マッカラムのように、このようなプログラムからブレイクしたスター選手もいます。

アルダマがこの学校に惹かれたのは、バスケットボールのスキルを発揮できるだけでなく、学位を取得して堅実なビジネスキャリアを積むことができるからでした。それは、父親の影響を受けた2つの面からの決断でした。

サンティは4つ星でのリクルートだったので、この結果は多くの専門家にとって驚きでした。Loyolaで2シーズンを過ごした後、彼はついにNBAに進出し、ドラフトではお買い得な選手になるだろうと言われています。

将来のバスケットボール試合にベット

サンティは、どのNBAチームにとっても魅力的な選手です。彼は6フィート11のフォワードで、ビッグマンとしてプレーできるだけでなく、フロアをストレッチすることもできます。このようなペリメーターからのシュート力は、シュート力が重視される昨今のNBAチームで活躍するためには不可欠です。NBAのディフェンスは、ボールを扱えないビッグマンにプレッシャーをかけたがるので、サンティはその長身にもかかわらず、ドリブルもできることが重要です。

サンティ自身は、NBAで確固たる地位を築くことができると確信しています。彼は「NBAのチームは、毎晩、僕が多才な能力を発揮していろいろなことをやっているのを見て、僕がいかに大きく強くなり、ショットがより安定しているかを知ったと思う。僕がNBAのドラフトに残るための一番のポイントは、各チームが僕に本当に興味を持っていて、僕をチームの一員にしたいと思っていると感じることなんだ」と語っています。

同選手がドラフトでどのように評価されるかは興味深いところだが、ローテーションビッグとしての可能性は十分にある。

バスケットボールやその他スポーツの最新情報はSportsbet.io


文: Cholo Martin

画像: PA