戻る  バスケットボール  ニュース
ナゲッツ、MVP候補のニコラ・ヨキッチを休ませたい
May 14, 2021, 5:40:00 AM

ナゲッツ、MVP候補のニコラ・ヨキッチを休ませたい

今シーズンも残り数試合となり、ナゲッツはプレーオフに向けてしっかりと準備を進めています。ヨキッチを休ませることで、ポストシーズンでの可能性を最大限に発揮したいと考えています。チームメイトのジャマール・マレーが負傷したことで、ナゲッツはヨキッチが2021年のNBAプレーオを通じてコンディションを維持できることを何よりも必要としています。

チームメイトのジャマール・マレーが負傷したことで、ナゲッツはヨキッチが2021年のNBAプレーオを通じてコンディションを維持できることを何よりも必要としています。

MVPを狙える今季、ヨキッチは1試合も欠場していません。プレーオフでのホームコートアドバンテージが保証されているため、ナゲッツが好ましい成績を残せるか否かはヨキッチとマイケル・ポーターJr.の両方がポストシーズンに向けてしっかりと休養が取れるかどうかに懸っていると言っても過言ではないでしょう。

マイケル・マローン監督は、今シーズンの残りの期間、彼をベンチに温存したいと考えていますが、ヨキッチ自身は、今シーズンのナゲッツで全試合に出場したことを誇りに思っています。また、他のMVP候補者がチームのために全試合出場していないことを考えると、彼のMVP受賞の可能性も高まるでしょう。

今シーズンのヨキッチの活躍は素晴らしく、どの選手よりも強い受賞候補となっています。また、マレーの怪我の後、ナゲッツは絶望的な状況に陥りましたが、そんなチームを支えたのもヨキッチでした。

未来のバスケットボール試合にベット

休養に反対しているのはジョキッチだけではなく、ポーターも出場を希望しています。この若きフォワードは、キャリア初期に背中の手術を受けて多くの試合に出場できなかったことを受け、巡ってきたチャンスを最大限に活かしたいと考えています。

マローン監督は、2020年にウェスタン・カンファレンス・ファイナルに進出したことを考え、今季プレーオフでもそれ以上の成功を収めたいと考えており、そのためのアイデアを練っています。

「コーチ、選手、友人、それが誰でもよいですが、」と同監督は口を開き、「我々は、まさにそのテーマについて継続的に議論してきました。出場時間を減らす可能性があること、試合に出ないことについて...一方で、私はニコラを心から尊敬しています...彼は毎晩プレーしたいという計り知れないプライドを持っていますが、我々はスマートでなければなりません」と述べています。

ナゲッツがヨキッチを休ませるかどうかは、今後いくつかの良い試合が控えていることを考えると興味深い判断となります。そして彼らに控える最も大きな試合は、レギュラーシーズン最終日に行われるライバルチーム、ポートランド・トレイルブレイザーズとの試合でしょう。

バスケットボールやその他スポーツの最新情報はバスケット, go to Sportsbet.io


文: Cholo Martin

画像: PA