戻る  総合格闘技  ニュース
コナー・マクレガーの一番のライバルは?
Dec 7, 2021, 3:24:00 AM

コナー・マクレガーの一番のライバルは?

コナー・マクレガーは、UFCで最も注目されている選手の一人で、彼の試合はどのタイトルカードでも常にビッグイベントとして注目されています。このスターは、長年にわたって成功を収めてきました。ビッグスターには必ずライバルがいて、彼は自分のレガシーを求めてたくさんのライバルを抱えていました。

コナーがオクタゴンに登場して以来、彼は世界を相手にしてきました。これはすべてプロセスの一部であり、彼はこのスポーツで活躍する最高のファイターの一人です。彼は、試合前、試合中、試合後に、対戦相手にトラッシュトークをすることに何のためらいもありません。

そのような戦術は、ほとんどの試合で彼に多くの宣伝効果をもたらしましたが、同時に多くのライバルを獲得しました。その中には本物もあれば、見せしめのためのものもあります。コナーに侮辱されたそういったファイターはたくさんいると言っていいでしょうし、彼も後悔はしていません。

それらの不満が本物であろうとなかろうと、コナーは一人分以上の侮辱をしています。これこそが、彼をゲームにおける大きなアイコンにしたのです。ここでは、これまでのコナー・マクレガーのトップライバルを紹介します。

次のMMA試合に賭けを行いましょう

ハビブ・ヌルマゴメドフ

コナーのハビブとのライバル関係ほど苦いものはありません。この2人のスターは長年にわたってやり合っており、2018年に論争に決着をつけるまでには時間がかかりました。彼らの自慢話やトラッシュトークのほとんどは、試合に向けて注目を集めるためのものでしたが、2018年4月にコナーがハビブの乗っていたバスを攻撃したことで、ライバル関係は荒々しい展開を見せました。

もちろん、アイルランドのスターはこの行為で逮捕されました。コナーは3件の暴行と1件の犯罪的いたずらの罪で起訴されました。彼は5日間のコミュニティサービスを受けて立ち去り、さらにアンガーマネジメントクラスにも出席しなければなりませんでした。

それは、2人のファイターの表面上のことに過ぎませんでした。UFC229での戦いの後、ハビブはケージを飛び越え、コナーのトレーニングパートナーに突撃しました。喧嘩になり、当局は両選手を厳しく取り締まらなければなりませんでした。訴訟が起こり、すぐにお金が差し押さえられ、コナーも6ヶ月の出場停止処分を受けました。

MMA試合の最新ニュースをチェック

ダスティン・ポイエー

コナーとダスティンの確執は、どちらかというと双方が尊重し合うものでした。トラッシュトークはたくさんありますが、彼らは試合が近くなるともっと押してくるだけです。唯一激しかったのは、2021年7月に2度目の試合を控えていたときです。

そのときは、それぞれのファイターが相手に1勝していました。UFC 264の1カ月前、ダスティンはコナーが公の場で自分をゴースト化し、後者が所有するグッドファイト財団に50万ドルの寄付金を届けなかったことを訴えました。その寄付金は、コナーが3部作の試合に合意したことを保証するものであり、彼にとっては重要な冷やし金となりました。

コナーは、誰かに罵られるのが好きではないので、反論しました。コナーは、誰かに呼び出されるのが好きではないので、「代わりに別の人と戦うつもりだ」と言いました。2021年1月に行われた2回目の試合では、アイルランド人スターはアブダビでTKO負けを喫しましたが、予定通りの結果となりました。

MMAアウトライトのオッズを確認

ネイト・ディアス

コナーのダスティンとのライバル関係と同じように、ネイト・ディアスとの確執も彼らのリスペクトに焦点を当てたものでした。コナーは、2016年3月にライト級のベルトをかけてハファエル・ドス・アンジョスと戦うことになっていましたが、足の負傷により、次はネイトが登場することになりました。ディアスは勝利を収め、コナーはこのスターの試合での根性を賞賛しました。

コナーはすぐに再戦を求め、トラッシュトークも負けず劣らずのものでした。2人は再びオクタゴンで対戦しましたが、今回はアイルランドのスターが勝利を収めました。その後、2人のスターはトラッシュトークを脇に置き、それ以降は何も話さなくなりました。

ディアスは、ジェイク・ポールがコナーを侮辱し、ユーチューバーがコナーを煽って戦いを挑んできたときにも、コナーを擁護しました。ネイトとコナーは昨年2021年3月にも侮辱的な言葉を交わしており、2022年にタイマンを張る可能性を示唆しています。それはファンが望んでいることですが、そのタイトルカードの更新はありません。

ライブMMA試合にベット

ジョゼ・アルド

コナーは、UFC194でオクタゴンでアルドと戦いました。アイルランドのスターは、わずか13秒でKO勝ちを収め、フェザー級タイトルを獲得しました。ジョゼは18連勝中で、コナーはほとんど何もせずに、あっけなくノックアウトしてしまいました。試合後もいつものようにトラッシュトークは鳴りを潜めませんでした。

ホセはアイルランドのスターとの再戦を断り、あの時は運が絡んでいたと語りました。彼は、コナーがあの一発をすぐに繰り出したのは運が良かったと言っています。アルドは、もし自分のパンチがコナーのもう少し下に落ちていたら、代わりに試合に勝っていただろうと考えていました。

ライバル関係は短命に終わり、アルドの敗北で幕を閉じました。コナーは、他のライバルにしたように、元チャンプにトラッシュトークすることをやめませんでした。アルドはすぐにバンタム級に転向したので、両者がすぐに再戦する可能性は大きくありません。

コナーはオクタゴンの中では自分の野獣のような存在で、それらのライバル関係が長年のキャリアを形作ってきただけなのです。このアイルランド人スターがいつまでUFCにいるかは誰にもわかりませんが、今はまだたくさんのお金を稼ぐことができるのではないでしょうか。

それに加えて、コナーの長年にわたる成功は、どこまでも彼とのライバル関係を築くのに十分な理由です。彼は長年にわたって自分の価値を証明してきたし、それはMMAでのより大きなレガシーを期待させるものでもあります。

MMAやその他スポーツの最新情報はSportsbet.io


文: Paul Daniel Flores

画像: PA