戻る  サッカー  ニュース
2021-22年シーズンがアーセナルにとって大成功だった理由
Mar 16, 2022, 3:36:00 AM

2021-22年シーズンがアーセナルにとって大成功だった理由

世界最大のサッカークラブの1つであるプレミアリーグのアーセナルには、何があっても応援する熱狂的なファンが常に存在します。過去数シーズンはクラブにとって苛酷なものでしたが、2021-22シーズンのプレミアリーグは未来への明るい兆しを見せています。 

伝統という点では、アーセナルの実績に匹敵するイングランドのクラブは数少なくなっています。その唯一の候補は、同国プレミアリーグのトップ6に位置しているクラブとエバートンくらいでしょう。アーセナルの歴史は1800年代後半までさかのぼり、当時はまだダイヤル・スクエア・フットボール・クラブとして知られていました。その後、クラブはロイヤル・アーセナルに名前が変わり、アーセナルに簡略化されました。

1900年代、アーセナルはイングランドのトップリーグで最高の平均順位を持っていました。数十年にわたる安定したリーグ戦の後、アーセナルFCは2003-04シーズンで決勝まで無敵を誇り、イングランドで最も有力なクラブとなりました。

未来のサッカー試合にベット

2021-22年シーズン、アーセナルは期待を上回る活躍を見せた

前監督のアーセン・ヴェンゲルは、1990年代半ばから2018年に引退するまで、アーセナルの成功の代名詞的存在でした。当時の彼らは、リーグトップ4に安定して入るチームでした。しかし、ヴェンゲルが去ると、クラブの文化が変わり、苦戦を強いられるようになりました。ヴェンゲルの後任にはウナイ・エメリが抜擢されましたが、うまくいかず、2019年にはかつてヴェンゲルの下でプレーしたミケル・アルテタを迎え入れました。

ミケルが就任して以来、クラブは上昇気流に乗るようになりました。彼はチームに平等な機会を与えることに注力し、それがチームの若手化につながったのです。実際、アーセナルは2021-22シーズンのプレミアリーグで最も若いスターティング・イレブンを擁しており、その戦力でイングランドのトップリーグでも最高のチームに追いつくことに成功したのです。ミケルがチームを刷新し、よく動くマシンに変えたのでした。

ミケルの功績は大きいですが、選手たちは2021-22シーズン、期待を上回る活躍を見せました。アーセナルFCの順位は、2020-21シーズンは9位に終わり、ノースロンドンを本拠地とするチームに対する人々の見方が変わった。

しかし、アーセナルはその不調を何とか挽回し、トップ4の座を争うことができたのだから、単なる躓きに過ぎないことが判明しました。また、アーセナルは前シーズンの9位が原因で、リーグと国内カップ以外の大会に出場できなかったため、プレミアリーグで戦うことに集中できたことも助けになった。

アーセナルは若い選手をよく育てている

アーセナルにとってユースムーブメントは、フレッシュな顔ぶれが揃ったこともあり、大きな意味を持っていました。ミケルと彼のスタッフは、若い選手たちに世界最高の国内リーグで成功するために必要な自信と経験を与えるために、素晴らしい仕事をしました。

これはアーセナルのスポンサーにとっても重要なことで、長期的な将来を見据えた良いコアを期待できるようになります。ミケルのシステムのもとで成功を収めた選手たちを紹介しましょう。 

ブカヨ・サカ

アーセナルの未来を築く一人として、ブカヨ・サカは大きな責任を負っています。ありがたいことに、アーセナルのパートナーは、サカという未来を先導できるスタープレーヤーをアカデミーから見出しました。彼は典型的なウイングとして配置されていますが、複数のポジションをこなせるので、多くの強みを持っています。普段はウイングバックだが、必要であれば破壊力を持つフォワードやミッドフィルダーとしてもプレーできます。このような二刀流のような能力を持つことは、チームの成功にとって非常に重要であり、彼は戦略上のどんなポジションにも組み込むことができます。

2021-22シーズン、サカはゴールを決め、アシストも放つなど、素晴らしい活躍を見せました。また、ペースコントロールやトラックバックなど、スタッツシートには現れない部分でも素晴らしい働きを見せており、彼がチームの現在と長期的な未来にとって重要な選手であることをさらに証明しています。

エミール・スミス=ロウ

エミール・スミス=ロウは、攻撃的MFの役割を担うことができるため、必要な時にチームを背負うことができるタイプの選手です。これは、メスト・エジルがノースロンドンで全盛期を迎えて以来、彼らに欠けていた役割です。

エミール・スミス=ロウは、チームのために確実にゴールを決めるだけでなく、チームメイトのために創造力を発揮する選手でもあるので、素晴らしい存在です。その完成度は全盛期のスター選手に匹敵するものですが、2021-22シーズン、エミール・スミス=ロウはまだ20代前半です。

ミケル体制で中心選手として活躍したのは、彼が才能ある選手であることはもちろん、まだ若手であってもヘッドコーチが彼を信頼していることの証左でもあります。エミール・スミス=ロウがプレーすると、勝利のチャンスが大幅に上がるので、これはアーセナルのベッティングオッズに友好的です。

マルティン・ウーデゴール

今シーズンのアーセナルは、チーム全体が輝きを放っていますが、その中でも最も大きな輝きのひとつは、マルティン・ウーデゴールの足元にボールがあるときでしょう。彼は常に、攻撃的なポゼッションを魔法のようにチームメイトの得点チャンスに変える方法を見つけ出してきました。彼は、ゲームをコントロールする将軍のような存在です。

ウーデゴールがキャプテンの候補に挙がっていたのは、マルティンが若干23歳という若い時期からチームを引っ張る術を見出したからです。レアル・マドリードでプレーしていた頃はワンダーキッズと見られていましたが、ノースロンドンでようやく前へ進むスターとして見られるようになり、マルティンは居場所を見つけたようです。

ガブリエウ・マガリャンイス

タフなディフェンダーを見つけるのは難しいですが、アーセナルFCのパートナーは、ガブリエウ・マガリャンイスというダイヤモンドの原石を見つけることができました。アーセナルに加入する前、リールではほとんど使われていない選手でした。2020年にアーセナルに加入し、彼のプレースタイルがクラブに合って以来、彼は星の数ほど活躍しています。

ガブリエウはフィジカルにプレーし、フォワードを正面から受け止め、派手なドリブルの動きについて行くなど、守備のタスクをすべてこなしました。彼は、このチームが守備で繁栄する方法を知っているので、接着剤的な存在です。

アウトライトサッカーオッズを確認

アーセナルFCは賢い補強をした

2021年夏の移籍市場でアーセナルが獲得した選手について、多くのサッカーファンは「高すぎる」と嘲笑しました。しかし、彼らはチームにとって堅実なパフォーマーであることが判明し、ミケル監督のシステムにフィットしました。彼らはアーセナルへのベットに参加する人たちの間で人気者になりました。ここでは、2021年後半で目立った選手たちを紹介しましょう。

冨安健洋

2021-22年シーズンの開幕前、アーセナルは退団するエクトル・ベレリンの後任として右サイドバックを必要としていました。そして、移籍市場で冨安健洋を獲得しました。プレミアリーグのファンは他のリーグをほとんど見ないので、冨安がボローニャで2シーズン活躍したことを知らなかったのでしょう。

冨安はまた、センターバックと右サイドバックの両方の役割をこなせる日本代表選手としても知られています。サカと同じように、必要なときに交代できる汎用性があることは、クラブにとって大きなメリットです。まだ23歳の冨安は、シーズン前に4年契約を結んだばかりであり、今後を支える存在になるでしょう。 

ベン・ホワイト

5,000万ポンドの移籍金は常にみんなの注目を集めるが、ベン・ホワイトのブライトンからアーセナルへの移籍には、人々は頭を抱えたままでした。しかし、ホワイトはすぐにその移籍金に見合うだけの実力を証明し、チームに華を添え、ガブリエルの素晴らしいパートナーとして守備に就いています。

彼は、ほとんどのフォワードに追いつくことができる素早い足の持ち主で、堅実な守備をする選手です。これはほとんどのディフェンダーにとって成功の鍵であり、ホワイトはその基本を守り、チームのためにそれを生かす素晴らしい仕事をしました。

アルベール・サンビ・ロコンガ

アーセナルでは、中盤が長らく課題となっていました。ベルギーのアンデルレヒトからアルベール・サンビ・ロコンガを獲得したとき、彼らは控えめな契約を提示しました。ロコンガもアーセナルにとって控えめな素晴らしい選手であり、中盤で安定した存在感を発揮しています。

彼はまだ若いが、その成熟した判断力は前へ進む上で大きな意味を持ちます。ありがたいことに、ロコンガは3年契約で、さらに1年延長できるオプションがついているため、長くチームに在籍することになります。すでに十分なレベルに達しているにもかかわらず、さらに改善の余地が残されています。

アーロン・ラムズデール

ゴールキーパーの役割はサッカー界で最も難しい役割の一つだが、エリートとも言える選手は数人います。アーロン・ラムズデールはアーセナルに入団する前、ボーンマス、チェスターフィールド、シェフィールド・ユナイテッドといったクラブでプレーしていたため、平凡なチームで苦労していました。これらのチームはプレミアリーグに所属していたが、彼の前のディフェンスには問題があり、それがあまりにも多くの失点につながっていました。

しかし、アーセナルがバックラインを一新したことで、ラムズデールは有能なディフェンスを手に入れまし。アーセナルでは強力なシュートストッパーであることを証明し、クラブと代表チームの両方で安定したGKとして活躍することになりそうです。

この4人は、移籍の判断はプレー後にすべきであると、全員が大成功を収めたことで証明されました。これは、アーセナルFCのスポンサーにとっても良い兆候であり、クラブはサポートされればしっかりとしたビジネスを行えることを証明しました。

サッカー試合でインプレ―ベットを行う

ミケルの戦術はうまくいった

アーセナルでの滞在中、ミケルはいくつかの障害に直面しました。これには、チームに関して難しい決断を下すことも含まれます。その代表的なものが、現在スター選手であるピエール・エメリク・オーバメヤンが、クラブでの最後の2シーズンでネットを揺らすのに苦労したことです。そのため、ミケルは他の選手を中心にシステムを見直すことになりましたが、これはクラブが毎試合激しく競争していることを考えると、彼にとっては良い動きでした。

ミケル監督の戦術は、主に動きとコミュニケーションに焦点を当てたものでした。このような文化を定着させることは、将来の前例となるため、チームの将来にとって極めて重要です。ベッティングプラットフォームでアーセナルFCにビットコインベットをするのが好きな人たちは、長期的な成功を生み出すことに焦点を当てたミケルのチームへの信頼に報いているのです。

過去にアシスタントコーチを務めた際、彼はペップ・グアルディオラがマン・シティに就任してからの数年間、その成功の大部分を担ったと評価されています。アーセナルのヘッドコーチに就任して以来、ミケルは、選手たちが最高の選手になるように適応し、モチベーションを高めることを学びながら、その戦術をうまく行ってきました。

シーズン序盤にどん底から這い上がってきました

悲惨な2020-21シーズンから立ち直るのは、アーセナルにとって簡単なことではありませんでした。2021-22シーズンの最初の3試合では、ブレントフォード、チェルシー、マンチェスター・シティを相手に敗れました。

序盤は窮地に立たされたが、その3敗のうち2敗はタイトル争いに絡む相手でした。それらの敗戦後、アーセナルは何とか立ち直り、トップ4へのチャレンジャーに変身しました。逆境を乗り越えられることが証明されたため、クラブにとって大きな進展でした。

しかし、ミケルと彼のチームは、トップレベルのチームになるための方法を見出しました。安定は人々が見過ごす要素ですが、監督としてはそれをチームの文化として定着させる必要があります。アーセナルは、大敗のプレッシャーに決して折れることなく、ミケルとともに間違いなくそれを手に入れました。 

サッカーのニュースを読む

アーセナルの未来は明るい

2021-22年シーズンを間違った視点から見る人もいるでしょうが、ファンは、選手を育て続けるアーセナルには明るい未来があると見るべきです。ミケルの若手選手への励まし方は凄まじく、それが彼らのパフォーマンスにも表れています。

シーズン序盤の敗戦もなんとか乗り越えました。その敗戦の背景を見ようとしない時期に、すぐに落ち目のクラブという烙印を押されました。ミケルがその批判の矢面に立たされたが、彼は黙って、平然とチームを率いていました。シーズン序盤に低迷していたチームをプレミアリーグ上位に導くのは簡単なことではなかったでしょう。

アーセナルFCとスポーツベットとのパートナーシップのような、サッカーのパフォーマンスや舞台裏での関係も含めて、クラブはうまく運営されています。アーセナルはプレミアリーグとUCLの頂点に立つマン・シティやチェルシーと競い合うために上昇中であると言ってもいいでしょう。

クラブは選手と契約し、タイトルを狙えるチームを作ることに成功しているため、アーセナルは将来、Sportsbet.ioのマーケットに定着することが期待できるでしょう。サカ、エミール・スミス=ロウ、ウーデゴールがオフェンスをリードし、ガブリエウ、ホワイト、ラムズデールがディフェンスを固めていることを考えると、それは否定しがたくなっています。 

サッカーやその他スポーツの最新情報はSportsbet.io


文: Cholo Martin

画像: Alamy