戻る  サッカー  ニュース
シーズンハイライト:ブンデスリーガ2021-22
Jul 4, 2022, 3:33:00 AM

シーズンハイライト:ブンデスリーガ2021-22

イングランド・プレミアリーグ(EPL)を除けば、ブンデスリーガはサッカーファンが注目する欧州のトップレベルのサッカーリーグです。2021-22シーズン、ブンデスリーガはファンが常に試合を楽しみにするような驚異的なシーズンを送りました。


今シーズンはどうだったのか、そして騒がれた一部のクラブの見どころはなんだったのか。ブンデスリーガ2021/22シーズンの最大のイベントと、今後のリーグ戦を楽しみにするべき理由をご紹介します。

 

サッカーの試合にインプレーベットする

ブンデスリーガ21/22:次から次へと、エキサイティングなサッカーの試合

ブンデスリーガでは素晴らしい試合やシリーズに事欠くことはありませんでした。ブンデスリーガには最高の選手もいることを考えれば、それも当然のことでしょう。それは、リーガ・エスパニョーラやプレミアリーグといった他のリーグも同様です。


21/22シーズンのトップストーリーはこちらです。

FCボルシア・ドルトムント:アーリング・ハーランド、BVBとしての最後の年

ボルシア・ドルトムントは、アーリング・ハーランドの偉大さによって定義されるとまでも一部では言われています。高速ストライカーの技術と世界最高のディフェンダーの守備力を併せ持つノルウェー出身の180cmのフォワードはそう話します。 


彼のプレーを見るのはスペクタクルであることは間違いありませんが、ボルシア・ドルトムントはハーランドと別れることを決めたようです。このため、彼らは来季、まだ未熟な若い選手たちと、老獪なベテラン選手が名を連ねるロスターに縛られることになるでしょう。そしてこれらの選手たちが、ハーランドがEPL屈指の名門マンチェスター・シティに移籍するとともに、一人一人がその穴を埋めようと準備を進めています。 


ハーランドの最後のシーズン、彼は目を見張るような活躍をし、MVP級のスタッツと、チームをブンデスリーガ順位表の第2シードに引き上げるという、まさに特別なゴールを挙げました。しかし、彼は移籍の必要性を感じ、他のリーグに移籍しました。


アーリング・ハーランドがBVBで過ごした時間は、彼のキャリアの中で最も素晴らしいもののひとつです。そのため、彼は靴の契約や大手スポーツ店とのスポンサー契約の機会さえも多く得ました。彼が去ったことで、ドルトムントはやがて持つであろう攻撃力を若いチームに頼らざるを得なくなるでしょう。


アーリング・ハーランド自身はというと、マンチェスター・シティは同年のプレミアリーグで優勝を決めたことで、さらに支配的なクラブになるでしょう。現在のマンチェスター・シティのメンバーならば、プレミアリーグで大混乱を引き起こそうとしているハーランドと一緒に、次のシーズンでさらに5つのタイトルを獲得することができるだろう。 


サッカー試合のアウトライトを確認 

FCバイエルン・ミュンヘン:10連覇達成  

バイエルン・ミュンヘンは、宿敵ボルシア・ドルトムントに3-1で勝利し、ブンデスリーガ10連覇を達成し、国内最高峰の10年に幕を閉じました。セルジュ・ニャブリ、ロベルト・レバンドフスキ、そしてジャマル・ムシアラのゴールにより、2位ドルトムントとの勝ち点差を12に広げたのです。


バイエルンが達成したブンデスリーガ10連覇は、欧州5大リーグの中でも大記録です。これはユベントスの2012年から2016年までのセリエA9連覇を上回るものでした。


その後、バイエルンの選手たちは互いにビールを浴びせかけ、偉業を祝福しあいました。監督としてバイエルンでの初優勝を達成したユリアン・ナーゲルスマンに最初にビールをかけたのはベンジャマン・パヴァールでした。


キャリアでは2度目のブンデスリーガ優勝を果たした34歳のナーゲルスマンは、ドイツで2番目に若い監督として、この偉業を達成しました。ちなみに、マティアス・ザマーが2002年にドルトムントで選手デビューをしたとき、ベンジャマン・パヴァールはまだ幼児でした。


マルコ・ローゼが率いるドルトムントの選手たちは、まるでバイエルン・ミュンヘンの優勝祝賀会を手助けするような戦いぶりを披露してしまいました。現実的にバイエルンの強豪に追いつく可能性はほとんどなかったとはいえ、2大強豪チームの片翼を担うとは思えないほどの失態やチャンスを無駄にしてきました。


前半終了時、緊張が高まったのか、ローゼとエムレ・ジャンがダニエル・シーベルト主審から警告を受けました。


バイエルンは15分、セルジュ・ニャブリにクッションでボールを戻したレオン・ゴレツカのゴールで先制しました。ノーマークだったドイツ人アタッカーは太ももでのボレーで左ポストにボールを突き刺したのです。


ドルトムントのアーリング・ハーランドは絶好のチャンスを無駄にし、セルジュ・ニャブリの2点目は30分にVARによってオフサイドの判定を受けました。

シーズン35得点のキング・レヴァンドフスキ、頂点に躍り出る ⁠

ロベルト・レバンドフスキは、8年連続でブンデスリーガの得点王に輝いています。レバンドフスキは昨シーズン、バイエルン・ミュンヘンの34試合で35ゴールを記録し、平均して82分に1ゴールの割合でゴールを決めています。

得点王争いではバイヤー・レバークーゼンのパトリック・シックが24ゴールで最も近い競合相手となり、ボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランドが22得点で得点王上位3人を占めました。


レヴァンドフスキはブンデスリーガ史上初めて、7度目となる得点王を獲得しました。


ブンデスリーガで通算384試合に出場して312得点を挙げたレヴァンドフスキは、キャリアを通して365得点を挙げたゲルト・ミュラーを2位に追いやりました。また、これによりこれまでの最多得点ランキングで2位につけていたクラウス・フィッシャー(535試合268得点)は3位に後退しています。 

ノイアー、ブンデスリーガ通算311勝の記録達成

チームがウニオン・ベルリンに4-0で勝利したことで、マヌエル・ノイアーはそれまでオリバー・カーンが持っていたブンデスリーガ通算310勝の記録を上回ることとなりました。


35歳のノイアーは、第27節でバイエルンがウニオンを5-0で粉砕する中、ファインセーブを連発し、自身150度目となるクリーンシートでブンデスリーガの新記録を樹立しました。


ただし、バイエルン・ミュンヘンの元GKで現クラブCEOのオリバー・カーン氏の持つ記録に第21節の試合で並んだ後、ノイアーが文句なしの記録保持者となるには数週間待たねばならなりませんでした。


ノイアーの負傷の副作用として、バイエルンは急速に存在感が弱まり、その後2試合は引き分けに終わっています(ホッフェンハイム戦とバイヤー・レバークーゼン戦は1-1の引き分け)。バイエルン・ミュンヘンのブンデスリーガ311勝目は、クラブにとってリーグ戦460試合目の出場のときにもたらされました。


FCシャルケ04に移籍した当時、ノイアーはブンデスリーガでの最初の156試合で77勝しかできませんでしたが、バイエルン・ミュンヘンではブンデスリーガでの最初の304試合で234勝し、史上最高のGKの一人に数えられるまでに成長しました。


その後、まさに電光石火といえるほどのスピードでノイアーはカーンが持っていた記録を塗り替えたのです。バイエルンのCEOであり、ノイアーの前任者であるキャプテン兼ゴールキーパーは、グローブを手放す前に、2007/08年の最後の試合でヘルタBSCを破り、勝利で飾っています。


今シーズンが始まると、ノイアーはカーンが持っていたブンデスリーガでのクリーンシート記録(カールスルーエとバイエルンで204回)を破り、現在211回で悠々とその記録を更新しています。


カーンは38歳で引退しましたが、最近、35歳のノイアーがさらに長くプレーする可能性があると主張する記事が『Abendzeitung』に掲載されました。


バイエルン・ミュンヘンのキャプテン、マヌエル・ノイアーの契約は2023年に終了します。これに伴い、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は、期間延長がクラブにとって最優先事項であると宣言しています。ブンデスリーガ300勝を誇るトーマス・ミュラーも、年内には3位に転落してしまうかもしれません。


未来のサッカー試合のオッズをチェック 

ブンデスリーガの未来を占う最大の質問

ブンデスリーガの今後数シーズンについて知りたい方は、以下のような質問を参考にしてください。 

ポスト・ハーランド症候群:ドルトムントは回復するのか? 

復活は約束されています!ドルトムントには、ハーランドの役割を果たせる素晴らしい選手がたくさんいます。取り急ぎ、彼らの監督は素晴らしいプレーを連発できる素晴らしい監督です。2020/21シーズン、テルジッチ監督はすでにドルトムントのヘッドコーチを務め、UEFAチャンピオンズリーグ予選やDFBカップ決勝のRBライプツィヒ戦での勝利に導いています。


BVBの3-4-2-1システムはブンデスリーガ第2節で失敗に終わったものの、テルジッチはその後のリーグ戦のすべての試合で4-2-3-1または同様のフォーメーションを用いてきました。この新人監督が再びそれを使うことは間違いないでしょう。


ブンデスリーガでの最初のフルシーズン、ハーランドは27試合に出場して27ゴールを挙げ、リーグで最も多くの得点を挙げたストライカーとなりました。その夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍するまでは、ジャドン・サンチョがファイナルサードで彼の右腕として活躍していました。


18歳のラファエル・ゲレイロとジオ・レイナは、ともにこれまでで最高のシーズンを送りました。ゲレイロは全コンペティションで7ゴール8アシストと貢献し、レイナもこれまでで最高のシーズンを送りました。


2013年夏、テルジッチがボルシア・メンヘングラッドバッハの監督に昇格した後、マルコ・ローゼのドルトムントには明らかな違いがありました。


ローゼのチーム編成は、積極的であると同時に消極的でした。ブンデスリーガ34試合のうち10試合で3人制のディフェンスを採用し、その他の大半では4-3-3か4-2-3-1を採用しました。今シーズンは、中盤のダイヤモンドが複雑に組み合わされるのを見ることが多くありました。


マルコ・ロイスは、在籍9シーズンで最多となるブンデスリーガ29試合にケガなく先発出場し、見る者を楽しませてくれました。現代的なプレー、10番を押し出すプレー、ハーランドの片側に並ぶプレー、どれをとっても、サンチョに次ぐアシストの主役でした(9ゴールを決めたことに加えて)。


一方、最も多く起用されたのはジュード・ベリンガムでした。前期はより自由を与えられていた彼のゴール参加が、20/21の353分に1回から今季は190分に1回に増えたのは当然でしょう。トーマス・ディレイニー、アクセル・ヴィツェル、エムレ・ジャンらと並ぶテルジッチのダブルピボットの片割れとして、ほとんど常に起用されていました。


フィットしたレイナ、ジャン、ベリンガム、ジュリアン・ブラント、そしてソーガン・ハザールがストライカーの後ろのラインナップに戻ったことで、ドルトムントは攻撃のオプションを選べるようになったのです。


10年間、ドルトムントはもちろん、ドイツのセンターディフェンスを埋めるのは、シュールレとシュロッターベックかもしれません。今シーズンは両選手とも、進行方向のパスやシュートを生み出すアクションで99%以下に落ち込んだことはありません。


彼の4-2-3-1に加え、テルジッチには優れたオプションがあります。ドルトムントの前線からハーランドがいなくなったことで、クラブは適切な代役を欠いています。


まだテクニックを磨いている17歳で、ストライカーのプロフィールも異なるステフェン・ティッゲスは、体格は同等だが爆発力はユスーファ・ムーココには劣ります。


アデミ、ロイス、レイナの3人は強力なフロント・スリーとなり、ハーランドが抜けたチームにはその恩恵がもたらされるかもしれません。認知されたスーパースターがいないにもかかわらず、マンチェスター・シティは今シーズンのイングランド・プレミアリーグを制覇しました。ゲリエロと、もしかしたらトマ・ムニエが3-4-3で反対側から自由に攻撃できるようになれば、ゴールを決めるためのオプションが増えます。


しかし、マッツ・フンメルスが今でも足元でボールを操る世界最高のセンターバックの一人であるディフェンスでは、真価を発揮する可能性があります。シュロッターベックとシュールレを両脇に従えれば、流動的な前線3人の中で自分の幅を見つけることができる、チームにとって最高の保険となるのです。

バイエルン・ミュンヘンはさらなる連覇を達成できるのか?

ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは、ボルシア・ドルトムントが最高の勝利を収めている最中にも、その予兆を感じていました。2012年5月、ベルリンのオリンピアシュタディオンで、ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンを5-2で破り、ブンデスリーガとドイツカップで史上初となる優勝を果たしたところでした。


バイエルンの支配は、伝統が引き伸ばされ、変形し、もはや何を意味するのかわからなくなったときのような、冷厳な異様さをもっています。バイエルンの支配は、過去10年間にとてつもない業績と威圧的な統計を積み上げてきました。


ブンデスリーガで10連覇を達成したことは、それだけで驚くべき偉業です。しかし一方で、10連覇が可能なチームであれば、そもそもそんなに難しいことなのでしょうか?


バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督の中には、そんな奇妙で落ち着きのない退屈な感覚がたびたび湧き上がってきています。今季も連覇を続けることができれば、彼はリーグ初優勝を果たし、ヨーロッパで最も期待される若手監督の一人となります。


一方、トーマス・ミュラーは11回目の優勝を果たすことになります。ナーゲルスマンは木曜日に、ミュンヘンではブンデスリーガの意義が「少し薄れている」と語りました。


バイエルンは、1試合あたりの平均得点という点では、最近の優勝チームとほぼ同等です。今シーズンはここまで38試合で91ポイントを獲得しています。マンチェスター・シティは90点、レアル・マドリードは90点、パリ・サンジェルマンは89点に到達する勢いです。


大きな影響を与えるのは、ライバルの実力です。ブンデスリーガの2位と5位のクラブは、過去5シーズンの平均で10ポイントの差がついています。イングランドとスペインという2つの国の平均差は17ポイントです。ある意味、ドイツはエキサイティングな優勝争いを放棄し、下位リーグでのより緊密なライバル関係を優先させたと言えるでしょう。


追い討ちをかけるように、早くも状況が変わりそうな気配が漂っています。バイエルンは、競合相手から優秀な選手を引き抜くことができるのが最大の武器です。


レバンドフスキ、マリオ・ゲッツェ、マッツ・フンメルスは10年前にドルトムントから引き抜かれた選手です。マルセル・ザビッツァーとダヨ・ウパメカノは、ブンデスリーガの新参者であるRBライプツィヒから引き抜かれたばかりです。


アーリング・ハーランドもジュード・ベリンガムも、バイエルン・ミュンヘンにとって近い将来、もっともらしいターゲットではありません。レバークーゼンの若手、フロリアン・ヴィルツはリヴァプールの方が合っているかもしれません。


一方、バイエルンの夏のリストには、アヤックスのヌセア・マズラウイやアントニー、ベンフィカのダーウィン・ネズ、リーズのウィンガー、ラフィンハといった選手たちがいます。

チャンピオンズリーグ出場予定クラブ 

来季のチャンピオンズリーグに参戦する上位の有望クラブを紹介します。 

バイエルン・ミュンヘン  

2012-13シーズン以降、バイエルン・ミュンヘンはブンデスリーガで史上最多の10回目の優勝を果たしています。


チャンピオンズリーグでも、バイエルン・ミュンヘンはお馴染みの存在です。2019/20シーズン、パリSGに敗れたバイエルンは、昨年ついに優勝を手にしました。ドイツで最も成功したチームとして、バイエルンは3度の優勝を果たしています。

ボルシア・ドルトムント  

力強いスタートを切ったボルシア・ドルトムントは、失速し、2位でシーズンを終えなければなりませんでした。ヨーロッパリーグでレンジャーズに敗れたことをはじめ、ドルトムントのシーズンは完全に破たんしていました。

バイヤー・レバークーゼン

多くの有名選手がブンデスリーガに移籍する中、レバークーゼンはリーグで強い地位を維持しています。

RBライプツィヒ

RBライプツィヒは、ヨーロッパでの成功にもかかわらず、最後のブンデスリーガ・チャンピオンズリーグ出場権を獲得するために、土壇場の追い上げに頼らざるを得ませんでした。


様々なサッカーリーグをチェック 

ブンデスリーガについてもっと知りたいですか?

ここでは、ブンデスリーガに関するよくある質問をご紹介します。 

ブンデスリーガのどのチームを応援すればよいのですか? 

ここでは、ブンデスリーガに関するよくある質問をご紹介します。


ブンデスリーガのどのチームを応援すればよいのですか?


バイエルン・ミュンヘンは、ドイツで最も有名なチームです。彼らが「FCハリウッド」と頻繁に呼ばれるのには理由があり、華やかな都市にある華やかなチームです。欧州王者といえば、ハンス・フリックは冷酷なまでにベストな状態に戻っています。

ブンデスリーガは1シーズン何試合ある? 

ブンデスリーガは34試合しかありませんが、これはなぜでしょう?ブンデスリーガには全部で18チームが参戦しています。


そのすべてのチームが、ラウンドロビン方式で2回ずつ対戦します。各クラブが他の17チームと2回対戦するため、1シーズンは34試合のリーグ戦で構成されるのです。

ブンデスリーガは何チームがチャンピオンズリーグに出場できるのですか?

ブンデスリーガ順位表のシードを維持する上位4クラブがUEFAチャンピオンズリーグへの出場権を獲得します。 

Sportsbetで最高のブンデスリーガチームに賭けよう!

ブンデスリーガで最も著名なチームに賭ける理由はたくさんあります。もしあなたがブンデスリーガの最強クラブに賭けたいという衝動に駆られたら、Sportsbetでボタンをクリックするだけで、ドイツサッカーの最強試合に賭けることができますよ。


サッカーやその他スポーツの最新情報は Sportsbet.io 


文: Vonn Consul


画像: Alamy 



免責事項


Sportsbet.ioの上記ブログで提供されている情報は、一般的な情報提供のみを目的としています。当サイトのすべての情報は誠意を持って提供されていますが、当社は当サイト上の情報やベッティングヒントの正確性、妥当性、有効性、信頼性、完全性に関して、明示または黙示を問わずいかなる種類の表明、保証、または言及を行いません。