戻る  サッカー  ニュース
ブンデスリーガ、5月9日に復帰
Apr 28, 2020, 6:00:00 AM

ブンデスリーガ、5月9日に復帰

ブンデスリーガは5月9日に復帰する計画を立てた。しかし、リスクが依然として高いため、この計画はドイツの政治家や医療専門家から多くの批判を受けている。リーグは、政府から許可が出次第、すぐに復帰する予定だ。

ボルシア・ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ワツケ最高経営責任者 (CEO) は、リーグ復帰を急いでいる。彼は、リーグが今後数カ月のうちに戻らなければ、実際に倒産する可能性があると警告している。

ワツケはインタビューの中で、 「サッカーを生かすためのことに他ならない。数ヵ月間プレーしなければ、ブンデスリーガ全体が崩壊するだろう。それは私たちが知っている形ではもはや存在しないだろう」 と述べた。

リーグは今も、ドイツのアンゲラ・メルケル首相や他の州の指導者たちからの補助金を待っている。彼らはその件について木曜日に会うことになっている。DFLはすでに、非公開の場で5月9日までに再開することを決めている。

サッカーのアウトライトに賭ける

彼らはまた、健康上安全を確保するために選手を定期的にテストしていました。ドイツの一流科学者たちは、専門の医療アドバイザーとともに、ブンデスリーガの計画に憤慨している。ドイツでは世界的流行病により、6,000人以上が死亡した。

Uwe G.Liebert教授は、提案された衛生対策では選手やスタッフがウイルスに感染するのを防ぐには不十分だと主張した。彼は、特に高いリスクを抱えている現在、リターンを出すことはあまり理想的ではないと主張した。

「Covid-19の長期的な影響については知られていない。若いうちに重い病気にかかったり、ウイルスで死んだりする可能性がある。感染を発見できるのは48時間後だ。私の考えでは、サッカー選手と接触する人はすべて一次接触なので、全員が隔離されなければならず、おそらく相手チームも隔離されなければならない」 とLiebertは言った。

ワツケは、同クラブが特別な待遇を求めているわけではないと主張した。彼は、ドイツのサッカーが世界的流行病より長生きし、将来も存続することを確実にしたいだけだと言った。

Sportsbet.io Newsでブンデスリーガの最新情報を読む


編集: ポール・ダニエル・フローレス

画像: PA