戻る  サッカー  ニュース
フェルナンデス、ブンデスリーガは5月に復帰すべきだと主張
Apr 13, 2020, 6:57:00 AM

フェルナンデス、ブンデスリーガは5月に復帰すべきだと主張

アイントラハト・フランクフルトのエリートミッドフィルダー、ジェルソン・フェルナンデスは、ブンデスリーガが早期に復帰する可能性があると主張している。現在は本格的なトレーニングに復帰しているが、世界的な流行病の影響でリーグが中断したため、厳しい措置を取っている。

フェルナンデスは、欧州のサッカー選手のほとんどが、すべてのスポーツリーグの中断後も体調を維持するのに苦労していることから、トレーニングに復帰できた幸運な選手の1人である。ドイツのクラブは欧州大陸で最初にトレーニングに戻った。

「私たちが戻ってきたら、密室で行われるでしょう。5月下旬になると思う。六月、七月、八月に5万人の前でやるなんて考えられない。それは間違っている」 とフェルナンデスは言った。

アイントラハト・フランクフルトの選手4人のうち3人がウイルスに感染したことが確認された。彼らは14日間隔離された後、自宅に戻ることを許された。残りの選手たちは3、4人ずつのグループで練習することにし、お互いに体を触れ合うことを避けている。

サッカーのアウトライトに賭ける

チームはパス&シュート練習に決めていた。脱衣所には3人しか入れず、ウイルスの拡散を防ぐため、体育館の使用も禁じられている。

「ピッチに立つのは良いだが、私たちは手を洗うなど、注意深くしている。幸運だと感じている。それが私たちが仕事を続けられる唯一の方法だ。身体的には、1人のときは自転車でたくさんの仕事をしなければならず、体力もあまり落ちなかった。今はトレーニング中だが、試合とは違う」 とフェルナンデスは言った。

それでも、ブンデスリーガのクリスチャン・サイフェルト最高経営責任者 (CEO) は、シーズン残りの9試合を完走する計画だと述べた。5月か、少なくとも今月中旬には開始し、6月末までには終了する予定だ。

「密室でうプレーするのはよくないが、やらなければならない。これはサッカーではないが、関心が大きすぎてノープレーができない」 とサイフェルトはインタビューで語った。

Sportsbet.io Newsでブンデスリーガの最新情報を読む


編集: ポール・ダニエル・フロレス

画像: PA