戻る  サッカー  ニュース
まとめ:2021-22年プレミアリーグはどのように終わったのか
Jul 4, 2022, 2:53:00 AM

まとめ:2021-22年プレミアリーグはどのように終わったのか

2021-22シーズンのプレミアリーグは大盛況のうちに幕を閉じ、多くのファンがこの結果に感激しています。最初から最後までジェットコースターのような展開で、各クラブはプレミアの実りあるシーズンを作るために、その一発を最大限に生かすべく奮闘してきました。


長年にわたり、プレミアリーグはファンが楽しめる多くのストーリーを生んできました。プレミアリーグのほとんどのクラブは、シーズン中に大勝利を収めたり、降格まで追い込まれたりと、それぞれが素晴らしい成績を残してきました。


プレミアリーグ2021-22シーズンは、ファンにとって喜ばしい結果であったと言えるでしょう。このことは、プレミアリーグには毎シーズン必ず何か期待できるものがあること、そして多くのエリートクラブがこれまで以上に高いレベルでプレーすることで、イングランドサッカーの未来が明るいことを証明しています。


今シーズンも終盤に多くの紆余曲折があったものの、プレミアリーグは例年通り、優勝、昇格、そして希望を懸けたライバルチーム同士の熱い戦いでファンを驚かせなかったことはありませんでした。


2021-22年シーズンのEPLのベストストーリーをご紹介します。

マンチェスター・シティの大金星

マンチェスター・シティは今シーズンの仕上がりを受けて、連覇を達成しました。チームは試合において容赦なく、チームの気概を決定づける強い偉業を成し遂げることができました。彼らの成功はすべて一つのユニットとして団結することであり、彼らはもう一度困難に打ち勝ったのです。


シティは、昨年9月2021年のプレミアリーグ、サウサンプトン戦で脱線するまでは、強いペースでシーズンをスタートさせました。彼らはこのシーズンでリーグタイトルを獲得する有力候補として残り、時代をリードする有望な走りを見せるために、好調な試合展開で臨むことに成功しました。

2021-22年シーズンのタイトルフィニッシュ

2021-22シーズンの最終節、シティは2点差で敗れました。リバプールは最終日に大勝を収め、シティとの勝ち点差を92-89としたため、ディフェンディングチャンピオンにとっては二度とないという状況でした。


マンチェスター・シティはここ5試合負けなし、3連勝の後、ウェストハムとの重要なドローに打って出ました。この試合では2-2で引き分け、タイトル獲得の可能性を残す厳しい試合となりました。しかし、シティは最終節で勝利を収め、力強くシーズンを締めくくりました。

アストン・ビラ戦の勝利

シティにとって、シーズンを救ったのはアストン・ビラとの3-2の勝利でした。アストン・ビラは70分に2-0とリードしており、シティ・オブ・マンチェスター・スタジアムのファンにとっては厳しい状況でした。76分、イルカイ・ギュンドアンが息を吹き返しゴールを決め、リードを1点に縮めます。そしてロドリがシティの2点目を決めたことで、2分後に同点に追いつきました。


観客はシティに熱狂し、シーズンがかかったディフェンディングチャンピオンは、不利な状況でプレーしたときの実力を見せつけました。その後、ケビン・デ・ブルイネのアシストからギュンドアンがボックス内に進入し、再びリーグ優勝を果たしました。


ライブサッカー試合にベット

リヴァプールの驚異的なシーズン<

リヴァプールもまた、自分たちの強力なシーズンを楽しみました。多くのサッカー専門家が言うように、レッズはトップ4のチームになると予想されていましたが、2020年のチャンピオンは戦いもせずに引き下がることを拒否し、なぜ彼らが強豪チームとされているのかをリーグの他のチームに見せつけたのです。


シーズンは彼らにとって良い終わり方ではありませんでしたが、多くの人が考える以上に、レッズにとっては大きな希望となりました。2020-21シーズン、クラブはシーズン最後の5試合に勝利し、勝ち点69でフィニッシュしました。チャンピオンズリーグへの切符を確保し、ロスターに多くの負傷者が出る中、2位でフィニッシュしました。

優勝まであと一歩まで迫ったプレミアリーグ

リヴァプールは今季も、タイトル獲得に大きく近づきました。レッズはシーズン終了までに3連勝の勝ち点92を挙げ、最後の5試合では無敗を誇りました。しかし、最終節でシティにリーグタイトルを奪われてしまったため、優勝の望みはかないませんでした。


レッズはわずか1点差で敗れ、リーグの頂点に立つリヴァプールの復活を待ち望んでいた多くのファンにとって、大きな痛手となりました。ただし、2位でフィニッシュするということは、クラブにとってすでに大きな偉業であり、シティとうまく距離を保ち、勝ち点74のチェルシーを抑えることもできました。

より深化したUCLでの戦い

リヴァプールの2021-22シーズンは成長に満ち溢れ、レッズが試合で健康的なプレーをする限り、危険な相手となり得ることを証明するものでした。チャンピオンズリーグでも、決勝までガンガン試合を進めて、大胆な走りを見せてきました。


レッズは大舞台でマドリードと対戦し、最後まで戦い抜きました。リヴァプールはあらゆる面で試合を支配したが、守備に重点を置いたブランコス相手にチャンスを生かすことはできませんでした。それでも、リヴァプールにとっては、来シーズンへの期待を込めた忘れられないシーズンとなったことでしょう。


サッカーアウトライトのオッズを確認

アーセナルの刷新されたシーズン

アーセナルは2021-22年シーズンの最大のサプライズのひとつとなりました。手始めに、アーセナルのプレミアリーグ選手たちのパフォーマンスが次のレベルにステップアップし、過去数ヶ月の間に多くの印象的な活躍でチームに大きな弾みをつけました。クラブが2020年シーズンと比べてはるかに良い仕上がりになるような強いラリーを楽しんだことは否定できません。


2020-21シーズンは、シーズン最後の5試合に勝利してトップ8の座を獲得して終えましたが、翌シーズンでは話が違っていた。当時のアーセナルは勝ち点61でシーズンを終えていたが、2021-22シーズンは勝ち点69でより良い成績を残しました。


アーセナルは22勝3分13敗という成績で終えましたが、これは過去2シーズンのプレミアリーグでの成績よりもずっと素晴らしいものでした。これは、彼らが様々なゲームに対するプレースタイルやアプローチの多くを変更しながら、どれだけ気骨があるかを示しており、来シーズンのアーセナルのチャンピオンズリーグオッズは、彼らがもう一度どれだけ良いプレーをするかによって決まるでしょう。

アーセナルはチャンピオンズリーグに出場できるのか?

アーセナルは感動的な快進撃を見せたにもかかわらず、わずか2ポイント差でチャンピオンズリーグ進出を逃してしまいました。アーセナルは最後の3試合、トッテナム戦とニューカッスル戦で2連敗という厳しい失態を犯してしまったのです。リーグ最終戦ではエヴァートンに5-1で大勝しましたが、チャンピオンズリーグ出場へ突き進むには十分ではありませんでした。


アーセナルFCのチャンピオンズリーグでの試合が行われたのは2016-17年シーズンが最後で、ベスト16で敗退しています。それ以来、チームにとっては長い干ばつが続いています。そのため、多くのファンはチームが再び大会に復帰するのではないかと、歓喜に沸いていました。


アーセナルのUEFAチャンピオンズリーグでの歴史は短いものばかりでしたが、かつては大舞台でも安定した戦いぶりを見せていました。このことは、アーセナルがこれまで以上に力強く、期待できるチームとして戻ってくることを示唆しています。

アーセナル2021-2022年の新戦力は?

2021-22シーズンにアーセナルが行った最大の動きは、ノースロンドンのチームに在籍し、強力なリーダーとして活躍してきた元主役のピエール・エメリク・オーバメヤンを手放したことでしょう。


アーセナルはオーバメヤンをキャプテンから外したのち、すぐに双方合意の上でクラブを去ることを発表しました。チームにとって新時代の幕開けであり、ファンはまずショックを受けたが、彼らはこの間、強いパフォーマンスを連発することに成功しました。


そのほとんどは、試合の重要な場面でステップアップしたアーセナルのプレミアリーグに移籍した選手のおかげでした。アーセナルはベン・ホワイト、マーティン・オデゴール、アーロン・ラムズデール、そして冨安健洋をレンタル移籍からチームに戻し、これらの若手が気迫あふれるプレーでチームに大きな追い風を与えました。

アーセナルが最後にプレミアリーグを制覇したのはいつ?

アーセナルがチャンピオンズリーグで優勝したことはまだありませんが、プレミアリーグでは2003-04シーズンにタイトルを獲得しています。このシーズン、彼らは一度も負けることなく優勝を果たし、「インビンシブルズ」というニックネームが付けられるほどの偉業を成し遂げました。当時、ノースロンドンのチームは大成功を収め、以来ファンたちはもう一度それを見たいと切望してきました。


これまでのところ、アーセナルへの期待は決して高くはなく、2021-22年シーズンの仕上がりは、来シーズンさらなる勝利を目指すチームにとって大きな期待を抱かせるものとなっています。もしかしたら、これがアーセナルが待ち望んでいた大ブレイクになるかもしれません。


今のところ、彼らは自分たちのゲームを次のレベルに押し上げると同時に、ヨーロッパリーグでの勝利の両方に大きな焦点を定めています。今こそ、アーセナルがもう一度復活するときです。


サッカー試合の最新ニュースをチェック

マンチェスター・ユナイテッドの荒れた仕上がり

マンチェスター・ユナイテッドは、前シーズンで2位となったことで、2021-22年シーズンの注目チームのひとつとなりました。彼らは最後の5試合でわずか1勝1分け3敗、うち2連敗という成績でシーズンを締めくくりました。


マンチェスター・ユナイテッドには多くの変化がありました。2020-21シーズンの終盤の失速ぶりにはファンも不満を抱いており、それが再び起こったと言うには厳しい状況です。以前ほど期待値は高くなかったとはいえ、チームはもう一度低調な結果に終わり、ヨーロッパリーグに出場できただけでも幸運でした。

才能ある選手たちの不本意な記録

レッドデビルズにとって、このシーズンは大きなものになるはずでした。ラファエル・ヴァランとともに、サッカー史上最高の得点源であるクリスティアーノ・ロナウドを再びロスターに加えたのです。ハリー・マグワイアやアントニー・マルシャルといったスター選手を揃え、プレミアリーグを制覇する準備は万端だとファンは高をくくっていました。


2021-22シーズンのユナイテッドは、16勝10敗12分の成績に終わりました。今後何年にもわたってプレミアリーグを制覇することを見込んでいたチームにとって、大きな失望を与えました。それは、サッカー界最高の選手を抱えていてもなお、彼らのチャンスが乏しかったことを物語っています。

オールドトラフォードの新時代の幕開け

ユナイテッドにとって厳しい結果が続く中、クラブはほとんどのサッカーファンが予想していなかった厳しい決断を下すことになりました。レッドデビルズは、2018年シーズンからチームを大きく躍進させたオーレ・グンナー・スールシャール前監督と決別したのです。


2021-22シーズンの最終戦では、エリック・テン・ハフ次期監督が、チームがクリスタル・パレスに惨敗するのを見届けていました。同監督は今後、チームのギャップを埋め、スター軍団を全体として機能させ、来季はより良い勝利を収めることを使命としています。


様々なサッカーリーグにベット

サウサンプトンの大躍進

サウサンプトンは、2020-21シーズンと比較して、活気のあるシーズンを楽しみました。手始めに、セインツはトップ10に返り咲くまであと数勝だったが、一連の厳しい敗戦によって、少なくとも10位以内に大きく食い込むことができたかもしれない大活躍から遠ざかってしまいました。


サウサンプトンの移籍の噂は以前からたくさんありましたが、そのほとんどはセインツが主力を維持することを選んだので、うわさ話に止まりました。今のところ、チームはうまく機能しており、一貫した強い相性を保つために素晴らしい仕事をしたことは否定できません。


セインツは4月24日、バーンリーに2-0で敗れた後、ブライトンと2-2の引き分けに持ち込みました。トップ10入りの大きなチャンスでしたが、クリスタル・パレス、ブレントフォード、リヴァプール、レスター・シティに4連敗し、シーズンフィナーレを迎えました。その結果、エリートの仲間入りを果たせたはずの勝ち点12を失ってしまったのです。

ピッチの両端での活性化された集中力

残念な結果にもかかわらず、セインツは最終的には強力な攻撃さえも繰り広げることができる守備陣が主力のチームとしてのアイデンティティを回復しました。チェ・アダムス、ジェームズ・ウォード・プラウズ、カイル・ウォーカー・ピーターズといった選手たちは、即席の2ウェイスターであることが証明されました。


その上、ヤン・ベドナレクもセインツにとって素晴らしいスター選手となりました。ベドナレクはクラブで多くのタックルをするようになり、必要な時には信頼できる得点源としても機能しています。これまでのところ、サウサンプトン・フットボールクラブのほとんどの選手にとって、今シーズンは良いシーズンとなりました。

プレミアリーグでのサウサンプトンの順位は?

サウサンプトンは2021-22シーズン、過去の成績と同じ15位で終了しました。ただし、4連敗した後の成績は9勝13敗16分で勝ち点3を減らすにとどめています。サウサンプトンFCのリーグ史は過去数年の輝かしい成功に満ちており、彼らが来シーズンの巻き返しのために必要なことは何でもすると予想するのは簡単です。


サウサンプトンがプレミアリーグを制する確率はそれほど高くないかもしれませんが、チームが活動する限りはリーグタイトルを獲得する可能性はあります。特にラルフ・ハーゼンヒュットル監督は新しいフォーメーションを作ることを約束しており、セインツファンは彼らのチームに大きな信頼を寄せています。だからこそ、ファンはセインツが遅かれ早かれ勝利を手にすることができると信じているのです。


降格争い

プレミアリーグの最下位に位置する4チームによる降格争いは熾烈を極めていました。ノリッジ・シティとワトフォードは共に勝ち点22と23で終わり、その下位3位という穴から這い上がるチャンスはありませんでした。昨シーズン、チャンピオンシップから昇格した彼らが、再びそこに戻されたのは残念なことです。


一方、バーンリーはニューカッスルと最後まで戦い、もう少しで逆転できるところでした。しかし、最後の最後で勝利を引き寄せることができず、シーズン最終戦で敗退することとなりました。

リーズ・ユナイテッドの降格を乗り切る

リーズはプレミアリーグの順位表のほぼ最下位にいました。シーズン最後から2番目の試合でブライトンと1-1の引き分けを強いられるまで、チームは3試合連続で負けていました。リーズは持ちこたえ、勝ち点35でバーンリーと並んだまま、最終節を迎えました。


バーンリーは試合に敗れ、リーズに必要なのは引き分けに持ちこたえること、もしくは試合に勝つことでした。ブレントフォードとの試合では、クラブが奮起し、終了間際のゴールでリーズのプレミアリーグ残留の可能性を決定づけました。

2022-23年のイングランド・プレミアリーグに期待すること

多くの専門家が、2022-23年シーズンはこれまで以上に激しい戦いになるだろうと言っています。多くのチームが荒れた試合の後、立ち直り、調子を取り戻そうとしています。つまり、厳しい試合や、チャンスを最大限に生かそうとする急成長中のチームがたくさん出てくるということです。


これらの試合に賭けるのもまた楽しいことでしょう。チームは高いレベルでプレーすることが期待されており、それはつまり、リーグでの大きな競争が確かに約束されていることを意味します。だからこそ、Sportsbet.ioでベットして、来シーズンにどのチームが勝利するのか予想してみるのです。


プレミアリーグやその他スポーツの最新情報はSportsbet.io


文: Paul Daniel Flores


画像: Alamy



免責事項


Sportsbet.ioの上記ブログで提供されている情報は、一般的な情報提供のみを目的としています。当サイトのすべての情報は誠意を持って提供されていますが、当社は当サイト上の情報やベッティングヒントの正確性、妥当性、有効性、信頼性、完全性に関して、明示または黙示を問わずいかなる種類の表明、保証、または言及を行うものではありません。