戻る  サッカー  ニュース
マヌエル・ノイアー、バイエルンとの契約延長に署名
May 22, 2020, 6:00:00 AM

マヌエル・ノイアー、バイエルンとの契約延長に署名

バイエルン・ミュンヘンの看板ゴールキーパー、マヌエル・ノイアーは2023年6月まで同チームにとどまることを決めた。彼はすでに34歳なので、彼の最後の契約となるかもしれない。

ノイアーは2011年からチームに所属し、これまで最も成功してきたチームでのキャリアを終えることを楽しみにしている。彼は2013年にUEFAチャンピオンズリーグとFIFAクラブワールドカップの両方でブンデスリーガで7度の優勝を果たした。 チームへの称賛とともに、彼はこの10年間でドイツ最高のゴールキーパーとも見なされている。スターストライカーのロベルト・レヴァンドフスキ選手とともに、彼は他のチームには並ぶもののない高みにチームを導いた。チームが堅実に優勢を保っているのは、ノイアーとレヴァンドフスキが攻守においてワンツーパンチを発揮しているからだ。

ノイアーがチームを去るという噂もあった。ありがたいことに、両者は合意に達した。

Sportsbet.ioで今後のサッカーの試合に賭ける

バイエルンがシーズンの初めに交代するゴールキーパーに署名したとき、それは厄介な状況だった。 彼らはアレクサンダー・ニュベルと契約したが、人々はそれをクラブの中で物事が変化している兆候だと思った。 しかし、バイエルンはノイアーに、彼の延長につながったチームで重要な役割を果たすことに変わりはないと、ノイアーに念を押した。

元ゴールキーパーである理事のオリバー・カーンは、自分たちが置かれている状況を理解していた。彼は 「私は簡単にノイアーの立場になってみれる。私たちは、マヌエルが彼のキャリアのこの段階で取りたい方向性と彼にとって重要なことを理解している。彼はこのエクステンションで強力なシグナルを送った」と言った。

バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲ会長は、 「ノイアーは世界最高のゴールキーパーであり、チームが持つことのできる最高のキャプテンだ」 と述べた。

Neuer自身はこれをチームのゴールキーピングコーチとの関係を強化する機会だと考えている。彼は、 「ゴールキーピングコーチのトニ・タパロビッチと一緒にプレーすることが重要だった。これが解決された今、私は非常に楽観的に未来を展望できる」と話した。

バイエルンのコアはすぐには去らないようだ。将来的には、彼らが最高のパフォーマンスを発揮するチームになると期待できる。

Sportsbet.io Newsでサッカーの最新情報を読む


編集: チョーロ・マーティン

画像: PA