戻る  サッカー  ニュース
レアル・ベティスはルビが復帰前の3回試合の後に解雇
Jun 24, 2020, 6:00:00 AM

レアル・ベティスはルビが復帰前の3回試合の後に解雇

今季の復帰前の3試合は敗北に終わった後、レアル・ベティスはルビと袂を分かつことにしました。そのため、今季残りわずか8試合となり、これでクラブのヘッドコーチのポストが空き、クラブは他の文化的変革に向かって進んでいるようです。

カタルーニャのマネージャーは、エスタディオ・ベニート・ビジャマリンでの彼の最初のシーズンに多くの戦いに参加しました。クラブはシーズンリターンの最初の3試合から1ポイントを獲得しただけで、リーグテーブルの13位に落ちました。それはずっとクラブの勝利の方法に抗争しているための物語でした。

彼の契約は当初2022年まで実行されるように設定されていましたが、アレクシス・トゥルヒーヨは今季の終わりまでクラブの一時的な指揮をとることになります。彼が今季の最後の試合で成功したら、新しいオファーは夏を通じて貫くかもしれません。

ベティスは、8ポイントのリードを持っているため、降格の危険にさらされていません。1つのことはそれらの続いて敗北によって明らかに影響を受けたーー将来の彼らのヨーロッパの推進資格のためです。

レアル・ベティスとRCDエスパニョールの試合に賭ける

ルビを解任するという決定は、先週末のアスレティック・ビルバオに対するクラブの粗末な敗北の後で行われました。イニゴ・マルティネスは7分に相手のビルバオにゴールを決めました。ルビのチームにはオープンチャンスがたくさんありましたが、スコアを合わせることさえできませんでした。

レマ・ベティスは試合中にシュートが8回あります。その中で4回はゴールに入りそうです。ビルバオの表現が彼らよりもっといいそうです。過去3試合のうちの1試合が勝てば、彼らをリーグの上位5位に追い込むかもしれません。

ルビは、クラブを今シーズンの30個の試合で8個勝ちました。それらの7つは彼らのホームコートから来て、そして彼はその当時レアル・マドリードに対する2-1の勝利を監督さえしました。そしてそれがパンデミックのためでなければ、もう一度チャンスがあったかもしれません。

レマ・ベティスはそれが何であれ、推進をして行くつもりです。

ラ・リーガの最新情報を知りたければ、Sportsbet.io Newsを訪ねて下さい


文章: ポール・ダニエル・フローレス

画像: PA(ピーエー)