戻る  サッカー  ニュース
2021-22シーズンの優れたセリエA、その将来性に期待
Jul 4, 2022, 3:25:00 AM

2021-22シーズンの優れたセリエA、その将来性に期待

ヨーロッパの5大サッカーリーグの1つであるイタリア・セリエAは、常に観戦の楽しみの1つです。イタリアは最大のサッカーハブの1つであり、常に質の高い試合を行っています。このリーグは非常に刺激的で、最近のシーズンもファンを楽しませてくれました。


セリエAは、その長い歴史の中で、多くの一流クラブや選手を輩出してきました。イタリアンサッカーは長い間、ヨーロッパで最も戦術的で守備的なリーグとして知られています。


イタリア・セリエAリーグについて詳しく知りたいなら、このリーグがその質の高さで評価されていることを常に念頭に置いておきましょう。2021-22シーズンは、イタリアのトップリーグが一流リーグであることを証明するものでした。セリエAについてもっと知るために、セリエAni登録されているチームを見てみましょう。


サッカーの試合にベット

セリエAにはいくつのサッカーチームが参加しているのか?

セリエAのフォーマットは過去に何度も変更されてきたものの、ほとんどの場合、常に18~20のクラブが所属している状態で運営されてきました。1934年から1943年、1967年から1988年には、16クラブで運営されていた時期もありました。しかし、2004年以降のセリエAは常に20のセリエAサッカーチームで運営されています。


2022-23シーズンに出場する20クラブを紹介します。

2022-23シーズンの20チーム

  1. アタランタBC

  2. ボローニャFC

  3. USクレモネーゼ

  4. エンポリFC

  5. ACFフィオレンティーナ

  6. エラス・ヴェローナFC

  7. FCインテルナツィオナーレ・ミラノ

  8. ユベントスFC

  9. SSラツィオ

  10. USレッチェ

  11. ACミラン

  12. ACモンツァ

  13. SSCナポリ

  14. ASローマ

  15. USサレルニターナ1919

  16. UCサンプドリア

  17. USサッスオーロ・カルチョ

  18. トリノFC

  19. ウディネーゼ・カルチョ

これらのチームの多くはセリエAで活躍し、イタリアが得意とする堅いプレースタイルを体現しています。チャンピオンズリーグのセリエA代表になっているチームもあり、ヨーロッパではよく知られています。まだセリエAに興味を示していない人もいるので、UCLのトップリーグのチームへの入門となる。UCLのトップリーグチームへの入門となるセリエAには、まだ興味を示していない人もいるようです。

セリエAから降格するチームは?

もちろん、セリエAではチームが降格することもあります。先日行われた2021-22シーズンのイタリア・セリエAリーグでは、下位3チームがセリエBへの降格が決まりました。

  • カリアリ・カルチョ

  • ジェノアCFC

  • ヴェネツィアFC

これらのチームはすべて、勝ち点の基準を満たせず、セリエAでの地位を固めることができませんでした。サレルニターナは勝ち点1で降格間近でしたが、最後の5試合で勝利を引き寄せ、カリアリを下してセリエAの最終スポットを獲得しました。

イタリア・セリエA最優秀チーム

シーズンごとに、セリエAでナンバーワンと呼ばれるチームがあります。もちろん、勝ち点に応じてリーグを制するセリエAの最高賞「スクデット」を獲得したチームのことです。38試合の過酷なシーズンにおいて、他のチームより抜きん出たチームです。


リーグ史上、最も多くのタイトルを獲得しているのは、36個のタイトルを持つユヴェントスです。では、最近セリエAを制したクラブがどのように優勝を勝ち取ったのか、見てみましょう。

AC ミラン

最近のセリエA史上最も白熱したタイトル争いの一つで、ACミランはシーズン最終日にサッスオーロに3-0の素晴らしい勝利を収め、スクデットを獲得することに成功しました。なぜなら、同じ日にインテルもサンプドリアを破り、ACミランに勝ち点2差をつけたからです。


サッカーのアウトライト・オッズをチェック

2021-22シーズンのイタリア・セリエAのベストスコアラーズ

イタリアはディフェンダー天国として多くのファンに知られていますが、2021-22シーズンはセリエAのトップゴールセラーとして目立ったストライカーもいます。2021-22シーズンのセリエAベストスコアラーはこちら。

チーロ・インモービレ - ラツィオ

近年、イタリアには素晴らしいゴールを決める選手が何人もいますが、チーロ・インモービレは別格です。セリエAでの得点王は4度目であり、これはもはや記録といえるでしょう。チーロはラツィオで27ゴールを挙げ、セリエAで上位に食い込みました。

ドゥシャン・ヴラホヴィッチ - ユベントス

3年間彼らのリンチピンであったクリスティアーノ・ロナウドがユベントスを去ったことは、大きな痛手でした。しかし、ドゥシャン・ヴラホヴィッチがブレイクしたことで、そのダメージは以前考えられていたより小さくなりました。


20代前半のドゥシャンは、イタリアのクラブのエリート・ディフェンスを打ち破り、ヨーロッパで最高のスコアラーの一人としてその地位を固めました。このセルビア人はユベントスで15試合に出場し、7ゴールを挙げ、その数ヶ月前にフィオレンティーナで挙げた17ゴールに加えて、さらに多くのゴールを決めました。

ラウタロ・マルティネス - インテルミラン

まだ24歳にして、ラウタロ・マルティネスはイタリアでは有名な選手です。2018年からインテルの一員となったフォワードは、年を重ねるごとに成長を続けています。過去のシーズンでもすでに強い選手でしたが、2021年にロメル・ルカクがクラブを去ったため、このアルゼンチン人が攻撃の中心的存在となりました。

セリエAのタイトルを最も多く獲得しているサッカー監督

監督というのは、チームをスタートから決勝まで導くものであり、チームのあらゆる面を見て、それを改善する方法を探すという重要な役割を担っています。ここでは、ACミランを優勝に導いた監督を含め、セリエAを制した名監督を紹介します。

ジョバンニ・トラパットーニ (7冠) 

セリエA史上最も栄誉ある監督として、ジョバンニはユベントスを10年間で6つのタイトルに導くことに成功しました。ユベントスを去るとインテルに移籍し、1989年にはインテルでも一度セリエAを制覇しています。


彼はセリエAで最も成功した監督としてトロフィーを獲得していますが、彼の才能はヨーロッパ中で認められていたため、その栄誉はそれだけにとどまりません。ジョバンニはイタリアにおける監督の金字塔であり、優れたマン・マネージャーであると同時に、GKだけが役割を決められる流動的なシステムなど、多くのアイデアでスポーツを革新しました。

マッシミリアーノ・アッレグリ (6冠)

過去10年以上にわたってユベントスの監督を務めてきたアッレグリは、現代の視聴者にも馴染み深い存在です。彼は2014年から2019年までユベントスで5つのタイトルを獲得し、ユベントスの監督として成功を収めてきました。6つ目のタイトルとして、ユベントスを離れ、ACミランの監督をしていた2011年に初めてセリエAのトロフィーを獲得しました。

2021-22シーズンのトップ監督 - ステファノ・ピオリ

ピオリは監督としてのキャリアの中で、イタリアの様々なクラブを渡り歩き、トップクラスの座を獲得してきました。2010年代半ばにラツィオの監督として大ブレイクし、その数年後にインテルに入団することになりました。インテルでの仕事はうまくいきませんでしたが、ACミランでは成功を収めています。


サッカーの試合でインプレイベット

2021-22シーズンのセリエAベストゲームは?

セリエAは、タイトル争いの激しさだけでなく、試合内容でも波乱に富んだシーズンでした。イタリアンサッカーは、刺激的であると同時に、ひたむきな試合展開でよく知られています。そんななか、2021-22シーズンで際立っていた試合がありました。

ボローニャがインテル・ミラノを撃破(2022年4月27日) 

2022年4月下旬、タイトル争いは最も白熱し、インテル・ミラノはボローニャとの重要な一戦を控えていました。ディフェンディングチャンプはボローニャに2ゴール対1ゴールで敗れ、絶好のチャンスを逃してしまいます。彼らは最初、わずか3分後にリードしていましたが、その後再び得点することができませんでした。


この時点でACミランとの勝ち点差は2となり、これが今季の最終結果となりました。もしこの試合に勝てば、インテルはタイトルを守り、セリエAランキングのトップに立つことに成功していたでしょう。

ヘラス・ベローナ、ユベントスを2-1で下す(2021年10月30日)

ジョバンニ・シメオネが4分間で2得点し、ユベントスを2ゴール対1点で下したのです。ウェストン・マッケニーがゴールでチームを救おうとしましたが、ユベントスにとっては少し遅すぎたようす。。


ユベントスはクリスティアーノ・ロナウドの退団にもかかわらず、シーズン前にスクデット獲得候補の1つとなっていたため、これはヴェローナにとって大逆転勝利となりました。

2021-22シーズンのセリエAのベストプレーヤーは?

クリスティアーノ・ロナウドとルカクが退団したとはいえ、セリエAの選手層はタレントに富んでいました。2021-22シーズンには、新たなスターがリーグを支配し、その傾向は顕著でした。ドゥシャン・ヴラホヴィッチが思い浮かぶのは、ロナウドの退団による打撃を受けたユベントスで最高の選手だったからです。


2021-22シーズンのセリエAで、チームの成功に貢献したベストプレーヤーを紹介します。

ラファエル・レオン

ACミランにはベテラン選手が多いですが、最近のセリエAで活躍した若いラファエル・レオンは、チームの中でも際立っていました。レオンはフォワードとしてプレーしており、チームにとって重要な選手です。


レオンは11ゴールを挙げましたが、10アシストも記録し、ACミランに欠かせない歯車として多くの人を魅了しました。このシーズンでのレオンの努力が認められ、2021-22シーズンのMVPを受賞しました。

マイク・メニャン

セリエAでの最初のシーズン、マイク・メニャンは世界最高のゴールキーパーの一人であることを証明しました。このシーズンの失点はわずか21、そして17のクリーンシートを達成したことは、1年目としては大きな賞賛に値するでしょう。

チーロ・インモービレ

先ほども触れたように、チーロは今シーズンのベストゴールセラーです。ラツィオが強いチームだったのは、様々な形で得点を重ねたチーロの攻撃面での貢献があったからといえます。彼は4度目の得点王の称号を得て、その名を記録に刻みました。

今シーズン、セリエAで最も高額な移籍金を記録した選手は?

セリエAは世界で最も有利なリーグの一つです。ある選手が手に入れば、イタリアのあるクラブが獲得に乗り出すと予想されます。ここでは、2021-22年シーズンに起こったイタリア・セリエAの高額な移籍をいくつか紹介します。

ドゥシャン・ヴラホヴィッチ ユベントスへの移籍(8160万ユーロ)

ユベントスにとってドゥシャンは、2022年1月にチームに加入したばかりながら、素晴らしい存在でした。チームでの期間は短かったですが、トップストライカーとして、そして長期的な未来のためのビルディングブロックとしての地位を固めました。フィオレンティーナからユベントスへの移籍で発生した多額の移籍額にも納得です。

タミー・アブラハム ローマへの移籍(4000万ユーロ)

タミーがチェルシーで活躍していたことは、ほとんどのイギリス人ファンが知っているでしょう。フランク・ランパード前監督のもとではコンスタントにプレーしていましたが、トーマス・トゥヘル監督が就任すると、タミーは先発ストライカーの座を失ってしまいました。そのため、彼はローマへの移籍を希望し、そこでは主な得点源として活躍することができました。

フィカヨ・トモリ ACミランへの移籍(2880万ユーロ)

ACミランでナンバーワンDFとして活躍したことを証明したDFフィカヨ・トモリが、またもや英国人選手をリストアップしました。彼はタミーと同じように、イングランドと所属クラブのチェルシーではほとんど使われていませんでした。


彼がチェルシーを去るという考えを嘲笑するファンもいましたが、彼はどんなフィジカルなフォワードにも対抗できるトップディフェンダーとしての地位を固め、賞賛に値することを証明しました。これは、セリエAへの移籍により、イングランド人選手を輝かせることに成功した例だといえるでしょう。


最高のスポーツブック、Sportsbet.io

2022-23シーズンを前に、最も期待される選手は?

2021-22シーズンは終わったばかりですがが、2022-23シーズンも見据えている人がいます。ここでは、2022-23シーズンを前に、最も期待されている2人の選手を紹介する。

ニコラ・ミレンコヴィッチ (フィオレンティーナ)

センターバックと右サイドバックの二刀流として、ニコラ・ミレンコヴィッチは2022-23シーズン、ビッグイヤーを迎えることになります。若干24歳のこのセルビア人は、来シーズンのベストプレーヤーの一人となることでしょう。彼は新しくフィオレンティーナに加入したセルビア人で、ヴラホヴィッチのようなストライカーではありませんが、チームのスターになる可能性を秘めています。

ニコロ・ザニオーロ (ローマ) 

若干22歳のザニオーロは、イタリアで最も有望な選手の一人です。ローマではジョゼの下でプレーしており、攻撃的なウイングや攻撃的ミッドフィルダーとしてうまく起用されています。イタリア人特有のタフなプレースタイルでありながら、ドリブルで優雅にプレーすることができるため、このポジションには大きなアドバンテージがあります。

2022-23年シーズンの優勝候補は? 

2021-22年シーズンの上位2クラブは、ほとんどの場合、再来年もベストチームとなる可能性が高くなっています。ここでは、この2チームが今後のトップチームになると考えられる理由を紹介します。

ACミラン 

ディフェンディングチャンピオンとして、ACミランはイタリアサッカーのトップレベルで自分たちの実力を証明する準備が整っています。ウイングバックを中心とした攻撃陣と、メニャンをGK、トモリをセンターバックに据えた守備陣が強力なため、両エンドでのプレーに精通しています。


このACミランのチームは、すでにスクデットに貢献した若い選手たちがいるため、長期にわたって優勝する可能性を秘めています。スター選手を中心とした基盤が整っており、ヘッドコーチとして初のタイトルを獲得したピオリがチームを牽引します。

インテルミラン

シモーネ・インザーギと彼のチームには、2022-23年シーズンのリーグ優勝の可能性が十分にあります。このチームは若い才能に満ちているだけでなく、年配の選手たちも最高レベルです。インザーギのチームは2021-22シーズンからの経験を生かすでしょう。

Sportsbet.ioでセリエAの試合にベットしよう!

セリエAの2021-22シーズンについて知ったところで、来る2022-23シーズンを見据えてみてはいかがでしょうか。様々なクラブがリーグでの成功を目指しており、イタリアサッカー界では久々に最高のシーズンとなりそうです。ミランの2チームが優勝候補ですが、ラツィオやローマのようなチームが彼らを追いかけており、リーグがより刺激的なものとなりそうです。


リーグに賭けるなら、Sportsbet.ioがぴったりのプラットフォームです。ベッティングの素晴らしい体験と、セリエAをお楽しみください。


サッカーやその他のesportsの最新情報は、Sportsbet.ioでご覧ください。


文: Cholo Martin


画像: Alamy