戻る  卓球  ニュース
陳 夢(チェン・ムン)が卓球女子ワールドカップの女王に
Nov 16, 2020, 6:03:00 AM

陳 夢(チェン・ムン)が卓球女子ワールドカップの女王に

ITTF女子卓球ワールドカップ2020では、陳 夢(チェン・ムン)は優勝候補として、期待を裏切ることなく優勝トロフィーを獲得しました。これでチェンはITTF主催のシニア部門で19回目の優勝を遂げました。

26歳にして、チェンは女子卓球界で最高のキャリアを築いている選手の一人である。彼女はすでに多くのトーナメントで優勝を勝ち取っており、その勢いは今後も止まることないだろう。



世界ランキング1位に位置する選手は常に優勝候補としてトーナメントに参加し、彼女がテーブルの前に上がるたびに、なぜ彼女がその栄誉に値するかを証明してくれる。



10月に遡る、チェンは威海南海オリンピックセンターで開催された2020年中国卓球選手権大会で優勝した。この大会はワールドカップと同会場でもあり、チェン選手が慣れ親しんだセンターコートでもある。彼女のパフォーマンスからも分かる通り、この環境に慣れていることは明らかであり、素晴らしいパフォーマンスを示した。

将来開催される卓球の試合にベットしよう

11月中旬に開催されるITTFファイナルに向けてチェンは、4連覇に向けて順調であり勢いがある。彼女は長い間、この大会を席巻してきており、タイトルを防衛する準備ができているように伺える。

ワールドカップで優勝後、ITTFファイナルや他の大会を迎えるにあたり、どれほどの自信がついたと話してくれた。チェンは、「以前に同会場でタイトルを獲得したことがあるため、今回のワールドカップは私にとって最高の状態でした。そして、このトロフィーを掲げてここに立つことができて、とても幸せです。

この経験は次のトーナメントに向けて大きな自信を得るための手助けとなるはずです。鄭州で開催されるITTFファイナルに向けて、このまま調子を維持して他のタイトルを獲得したいと思います」と語った。

この大会では、チェン選手以外にも際立った活躍を示した選手がいた。彼女の対戦相手として第3シードから勝ち進んできた孫 穎莎(スン・インシャ)。スンはチェンを相手に苦戦を強いられましたが、トップシードを獲得することに成功した。もう一人は日本代表、伊藤美誠は中国の二人のスターに続いて銅メダルを獲得しました。彼女はまだ20歳の選手のため、今後の活躍が大いに期待されるだろう。

さらに卓球とスポーツについて知りたい方はSportsbet.ioへ


文: Cholo Martin

画像: PA