戻る  卓球  ニュース
日本卓球協会は劉国梁の影響に対して賞賛を示す
Aug 18, 2020, 6:00:00 AM

日本卓球協会は劉国梁の影響に対して賞賛を示す

劉国梁は、史上最高の卓球選手の1人と見なされている。 多くの人は、彼の中国卓球に対する影響は控えめだとも言っていた。

劉はまた、スポーツに興味を持っている小さな子供たちから選手を育てたので、最も影響力のある選手の一人となっていた。 協会の会長に選出されたとき、彼は12歳未満の選手の育成に非常に重点を置いた。

日本卓球協会の開発責任者である宮崎義仁(Yoshihito Miyazaki)によると、彼は子供たちに素晴らしい基礎を教え、トレーニング中に役立つアドバイスをコーチに与えた。 宮崎は、「中国の卓球は12歳未満の選手の育成にほとんど注意を払っていなかった。 しかし、劉は就任後、この重要性に注意して、共同で推進することを提案した。その後、温州で正式に始めた。

将来の卓球の試合に賭ける

劉は選手としてもコーチとしても大きな成功を収めていたので、彼は偉大な卓球指導者になることは間違いない。 彼は選手としてのキャリアにおいて3つのメジャーのグランドスラムを成し遂げた。 彼には卓球の才能が優れているので、彼の決定を信頼してチームのパフォーマンスを向上させることができる。

彼らは卓球システムでも同様の計画を持っていた。 2001年に青少年代表チームを立ち上げた時は、彼らは12歳以下の選手を育成するのに力を入れた。これは、伊藤美诚(Mima Ito)がこのスポーツで青少年センセーションになったことで非常に成功していた。 これはゼロから構築するのに役立つため、成功したモデルになる。

オリンピックの開催国が決定した日本は、卓球に対する日本の卓越した努力が立証された。 彼らは今年のトーナメントの延期に惜しんだが、来年のラインナップを強化する絶好の機会を与えている。 それが起こらなければならなかったことは残念だったが、彼らはうまく訓練した。

宮崎は彼らが日本卓球チームを最大の潜在力に発展させられることを喜んでいる。 「20歳未満の張本(Harimoto)、伊藤( Ito)、平野美宇(Miu Hirano)には、精神と技術を磨くためにあと1年ある。 したがって、東京オリンピックの延期は彼らにとって積極的だと思った。 日本に来て、2021年のオリンピックで素晴らしい試合をしましょう! 中国、金メダルを1つ残してください。 これ以上は要求できない」と述べた。

彼らは自分が世界で卓球選手にとっては最高の国であることを証明した、若い人たちを立派な卓球選手に育てるという興味を改めて示した。

同時に、卓球の最高チームは、将来のためのスターパワーを向上させることに努力している。中国が卓球の世界で王朝を作らなければ、驚くべきことでしょう!

卓球やその他のスポーツの最新情報については、Sportsbet.ioにアクセスしてください


言葉:チョロ・マーティン

画像:PA