戻る  卓球  ニュース
うつ病との闘いを語るオモタヨ
May 6, 2020, 6:00:00 AM

うつ病との闘いを語るオモタヨ

オラジデ・オモタヨさんが、10代の頃からのうつ病との闘いについて語った。彼はまた、今年予定されていた2020年の東京オリンピックを延期させた世界的な流行病がなければ、彼の将来と計画について話した。

ナイジェリアの卓球が2015年から活躍するようになると、表世選手はランクを上げ、彼の試合を新たなレベルに押し上げた。クアドリ・アルナ、セグン・トリオラ、オルフンケ・オショナイケ などの才能を輩出している。

オモタヨは、若いがエリート卓球の才能があるナイジェリアの印象的な選手である。彼はプロとしての2年間でブランドを確立し、それ以来炎のようなレベルにある。

「五輪出場は夢のようだ。私は自分自身をとても誇りに思っている。自分自身を信じるのをやめていなくて続けてきた。自分が最高になれるという前向きな気持ちを持って、一心に努力する」 とオモタヨは語った 。 ラゴス出身の彼は、その優れた才能から 「ナイジェリア卓球の王子様」 と呼ばれている。彼は試合での横の速さと素早い反応で知られている。彼はたくさんの素晴らしいバックハンドフリックで、群衆に多くの強烈なゲームを提供している。それは彼の特徴的な動きなのだ。

卓球のアウトライトに賭ける

彼はきょうの得意なゲームを兄弟がやるのを見て育った。彼の最初の試合は妹との試合で、彼らは食卓にほうきを置いていた。彼は本当はプレーしたくなかったが、ナイジェリアのジュニアチャンピオン、ランレ・ジェゲデに説得されて、とても興奮していた。

「私は銀のスプーンを持って生まれたわけではなかった。始まりはつつましいものだった。私は下町で生まれ育った。周りにはいろんなことがあった。暴動、犯罪者の周りに住んでいた。だから、私の人生を変えるチャンスがあったとき、私はそれをうまく使ったのだ」 と彼は回想した。

13歳で新星となり、2008年エジプトジュニアでデビューし、選手として成長した。彼は2013年の世界ジュニア選手権でナイジェリアチームの主将になり、階級が上がった。

Sportsbet.io Newsで卓球の最新情報を読む

編集: ポール・ダニエル・フローレス

画像: PA