戻る  卓球  ニュース
 クアドリ・アルナは威海で高いレベルのパフォーマンスを発揮したい
Oct 26, 2020, 6:15:00 AM

クアドリ・アルナは威海で高いレベルのパフォーマンスを発揮したい

卓球界では、11月に開催される#RESTARシリーズには多くの選手が参加します。クアドリ・アルナもその中の一人であり、彼は威海(ウェイハイ)で開催される「Dishang グループ2020年男子世界選手権」と「2020 ITTF(国際卓球連盟)ファイナル」で良い結果を出したいと考えています。

6年前、デュッセルドルフで開催されたLiebherr 2014年 ITTF男子世界選手権では、アルナは卓球界のトッププレイヤーとしての頭角を現しました。

今年、彼の成績以上を今回のトーナメントで出したいと考えている。これは彼にとってもう一度実力を示す機会と成りうるだろうが、道中には多くの障害があるだろう。

彼は、これまでの功績により、今日では最も知名度の高い選手の一人である。多くの人々が再び彼が大舞台で活躍することを期待しているだろう。そして、アルナ自身も数週間後のトーナメントでの実力を発揮することを楽しみにしているだろう。

アルナは、「私は#RESTARTに出場できることを嬉しく思うし、非常にワクワクしているし。そして、順調に進むことを期待し、楽しみにしているよと。今回の中国での目標は、私の国とスポンサーを代表して、良い結果を出すことだ。これは簡単なことではないと思いますが、自分のベストを出せるようにベスト尽くすよ。」と言った

直近に開催される卓球の試合にベットしよう!

これは現在32歳となったアルナにとっては大きな出来事である。当時ロシアのモスクワで開催されたワールドカップに初めて出場したのは21歳の時だった。その舞台に到達するまでには、あと5年待たなければならなかったが、彼にとっては世界を知るきっかけとなった。

彼は常にアフリカを象徴する強豪選手として見られていた。多くの人々から彼は過小評価された、なぜなら日本や中国の選手とは異なっていたからだ。しかし、彼は卓球界の上位に名を連ねるに値できる選手であることを証明した。

アルナの素晴らしいところは、自分がどこ出身であるかを決して忘れないことだろう。彼が出場したトーナメントは多くあるが、彼は常に自分がどのようにして、ここまで来たかを振り返っている。彼は自分のプレーに満足するとともに、世界最高の選手と対戦できる機会を楽しみしている。

数ヶ月間公式戦に立っていなかった彼は、再び世界選手権の舞台に出場できることができて幸運だと感じている。アルナは「世界選手権に出場することは全ての選手の夢であり、私は2009年以来、この大会に参加できることを光栄だと思う。

この大会は世界中で出場権を獲得した実力者のみしか参加できない大会であり、その独特の雰囲気が希望を選手に与えている。この大会での経験は素晴らしいものであり、常にこの大会に出場することを熱望しているだろう。

さらに卓球の試合や他のスポーツの情報を知りたい方はSportsbet.ioへ


文: Cholo Martin

画像: PA