戻る  卓球  ニュース
サシヤン、インドを輝かせたい
May 25, 2020, 6:07:00 AM

サシヤン、インドを輝かせたい

サシヤン・グナナセカランは、世界的流行病のために東京五輪が2021年に延期されたにもかかわらず、五輪の準備は順調だと主張しています。このインド人は、以前よりも多くの時間をかけて練習できるので、この遅れは彼にとってプラスになると考えている。

27歳の彼は、特に昨年2月のハンガリーオープンでカマル・アチャンタとともに銀メダルを獲得した後、印象的な走りでオリンピックに出場する予定だった。サシヤンは昨年、インドで初めてITTFランキングのトップ25入りを果たした。

彼は、卓球に復帰したときに、たくさんのものが自分のために蓄えられていると信じている。現在の31号は、この敗北をプレーの改善や試合での弱点を取り除く時間として活用できると期待している。

彼の自信は計測不能だ。彼は自宅でプレーを続け、シングルスの試合でうまくいった素早いパドリングを練習している。これまでのところ、それは彼にとって良いことであり、彼はそれをより良くするために前進している。

卓球のアウトライトに賭ける

「私は、オリンピックに向けてもう1年準備できるということを前向きに思っているし、2021年にはさらに良い状態になると思っている。今よりもはるかに高いピークを迎え、より良い状態でオリンピックに行けることを確信している」とサシヤンは言った。

彼は2016年のリオ五輪を欠場した際には世界ランキングで第170位まで順位を落としたが、昨年は復帰するために懸命に努力した。サシヤンは、夜を日に継いでレベルの向上に努力している。

世界最高の選手たちと試合をするのは大変だということは認めるが、決してひるまないだろうから、遠慮する理由はない。

2017年に復帰してからも技術を磨き続けて、自分が上達しつつあるだけで、東京でオリンピックのメダルを獲得することは、彼が待ち望んでいる大きなチャンスだと主張している。

Sportsbet.io Newsで卓球の最新情報を読む


編集: ポール・ダニエル・フローレス

画像: PA