戻る  卓球  ニュース
スティーブ・デイントンがプロ卓球界の復活を語る
Nov 30, 2020, 6:05:00 AM

スティーブ・デイントンがプロ卓球界の復活を語る

卓球トーナメントのない8カ月間を過ぎ、#RESTARTシリーズは中国で1カ月間の間、3つの素晴らしいイベントを開催している。これは、スティーブ・デイントンCEO率いる国際卓球連盟(ITTF))の努力の賜物だろう。

 世界中にある数々のスポーツリーグが再開する中、ITTFはトーナメントの再開に向けて絶え間ない努力しました。もちろん、パンデミックの影響でスポーツ界はまだ厳しい状況ではありますが、卓球界はよくやってくれています。特に11月の大会では質の高いプレーを見せてくれました。

鄭州で開催された2020年ITTF決勝大会では、ITTFは限られたファンへ観戦を許可したことは、素晴らしいことでした。ファンを抱え、彼らの声援が試合で届くことは、過去の観戦者が受けた体験には欠かせないことでしたし、制限がかかる中でファンが戻ってきたことは素晴らしい動向です。デイントン氏の声明は感情的だった。彼は、「威海では、私たちは選手たちを歓迎しました。そして鄭州では、ファンを歓迎している。ここにいることは非常に感慨深いことだ。ここに居られることを誇りに思っているし、幸せを感じているし、言葉では言い表せないほど多くの感情が積もっている」と語った。

将来開催される卓球の試合にベットしよう

卓球界にとっては、手で数えられるほどの大会しかなかったので、困難な一年でした。今年の初めにはいくつかのイベントがありましたが、それ以降は8ヶ月間の活動休止により、長い間忘れ去られていただろう。

この状況は、なぜハイレベルな試合でボールを打ち続けようとする選手たちの姿が見られるかを表しているだろう。彼らは長い間、自宅でのトレーニングから抜け出せずにいたのだ。そして、これを可能にした組織の絶え間ない努力も称賛しなければなりません。卓球界には、特に異なる国から来ている選手にとっては参戦するのが困難なスポーツである。これは難しい問題だが、彼らからすれば、限られた問題である。

卓球の試合が開催されれば、世界の反対側からトーナメントに参加するためだけに来ている選手らがいる。試合参加を可能にしたのは、選手の安全を確保するための最善の手段を使っているからだ。デイントン氏は、この一連のイベントが実際に実現するまでの経緯を語った。「卓球を再開させることは非常に努力を求められた。6月の時点では、このパンデミックがすぐには治まらないとわかっていたし、国際的なイベントを開催するのは非常に困難であると考えていた。特別な方法を模索しなければならないことはわかっていました。そして私たちは男子、女子世界選手権のホストしてくれたドイツ卓球協会とタイ卓球協会にも感謝しなければなりません。」

さらに卓球と他のスポーツ情報を知りたい方はSportsbet.ioへ


文: Cholo Martin

画: PA